#虐待

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    ブラジルのレデンサン市のGuardianship Councilの軍事警察のメンバーは15日の木曜日の朝に赤ちゃんを含む3人の小さな子供を救出しました。
    【育児放棄で家に閉じ込められ、飢えた子供たちがゴミ溜めとなった部屋から救助された!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    11

    猫好きの人には見ちゃいられないシーンだと思うので【閲覧注意】でお願いします。


    【猫が死ぬまで拷問する酔っぱらったトルコの兵士! お前がやられろっ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    6

    金持ちなロシアの女性は、ライブ配信してる最中に、飼っていた子猫のトーマスを残酷に殴って、壁に投げつけました。
    【ライブ配信で子猫を叩き続け、壁に投げて叩きつけたロシアの糞女が大炎上!【胸糞注意】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    7

    見ちゃいられん( ;´Д`)
    【鬼母が撮影される! 赤ちゃんを地面に叩きつける蹴り上げるは当たり前】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ブディ(Budi)という名前のオランウータンは毎日苦しんでいました。
    オランウータンの赤ちゃんは、閉じ込められた空間で、充分に給餌されているかも分かりませんでした。
    所有者によって虐待のように飼育され、このままでは今後の数年間を生存することも難しかったでしょう。

    ブディは1年間、小さな鶏舎に住んでいて、凝縮した牛乳だけを与えられてました。
    彼は2014年12月に非常に致命的な状態にあった。

    1

    【オランウータンの赤ちゃんは、狭い鳥小屋で死ぬのを待つかのように飼育され救助された】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    動物虐待は悲惨ですが、あまりにも一般的です。

    犬と猫は世界中で毎日無視されて虐待されており、その多くは命を失う。

    幸いにも、そこに助けてくれる人がいます。

    メンテナンス作業員が生ゴミ捨て場に捨てられていた犬を見つけたとき、犬を救うことができる人のもとに連れて行った。


    パトリックという犬は発見されたとき、骨と皮のような状態で飢えていた。
    1

    犬の健康が悪化したとき、飼い主は犬を生ゴミ捨て場に押し込んで捨てたが、奇跡的にパトリックは生き残った。
    2

    パトリックはニュージャージー州で獣医師のケアを受けていました。

    そこでは胃の中から巨大な毛玉を取り除く手術を受けました。

    食事ができるようになると、犬の健康は改善し始めました。
    3

    パトリックは少しずつ時間をかけて体重を戻してきています。

    世話人がイースターのためにパトリックはドレスアップしてもらいました。
    4

    動物病院の管理者は、試練を通して生き返ったパトリックと恋に落ち、パトリックを引き取る決断を下し、今、パトリックは幸せで健康的に暮らしています。
    5

    パトリックの前の飼い主は動物虐待と放棄で訴えられていて、最終的にはパトリックのために正義が行われました。

    パトリックのような試練を受けなければならない動物がいなくなるまで、動物を虐待する人々が法律の最大限まで訴追されるべきであると考える。
    6


    最初の画像を見て、どう見ても生きているようには見えないもんなぁ。

    よくあの状態から生還できたと思う。

    日に日に弱っていく犬を見ながら、最終的に生ゴミとして捨てるとか、信じられないクズだな。

    訴えられて正義が行われたって書かれているだけで、どのような罰が与えられたのか解らないけど、アメリカだとそこら辺、厳しそうだよね。

    日本だと器物破損扱いで罰金で済んだりとか、何だかなぁって気分になる。

    もっとギチギチに締め上げてやればいいのにって個人的に思ってしまう。






    このページのトップヘ