#牛

    1

    ほぼすべての宗教と教派の実践者は、常にそれぞれの神々から、人生を通して導くのを助けます。

    しかし、あなたが神の実体を見つけることを期待する最後の場所は動物の避難所です。

    産まれたばかりの牛が奇妙な人間のような頭部で生まれたとき、地元の人々は、ヒンドゥー教の神の最新の化身であると思ったので、ひと目見ようとインドの遠くにある小さな避難所に行きました。

    出生から1時間以内に死亡したにもかかわらず、訪問者の多くは、牛がビシュヌの24番目の化身であるゴーカランに似ていると主張し、それを見たいと考えていました。

    神の牛はガラスの箱に保存されています。

    子牛が火葬されると、神の名誉のために寺院が建てられると予想されます。



    日本の伝承でも、人間の頭をした牛が生まれると、予言をして死んでしまう件(くだん)という妖怪?神?がいるって話があるが、なんかそれを連想してしまうな。



    4

    牛は財産だろうし、それを守ろうとみんなで棒でピットブルを叩きまくる。



    叩かれても叩かれても、しつこく牛に咬みついて攻撃をするから、人間も犬が完全に動かなくなるまで殴るしかなかった。

    異常なピットブルではあるが、断末魔で悲鳴をあげて動かなくなるところは心が痛むな。




    このページのトップヘ