#熊

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    このビデオは、Ust-Kamchatsk(ウスト=カムチャツク:ロシアのカムチャツカ・クリイのウスト・カムチャツキー地区の農村地帯)でドローンを使って撮影されました。

    クマの家族と行動を共にする犬は地元住民によると、今年の春に犬はクマたちと仲良くなり、今は森で一緒に生活しており、ここに動物の友情が見えます。
    【クマと友達になった犬は、クマの家族と行動を共にします。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    hungry_18st_bear_01

    アメリカのコロラドスプリングス市の住民は、家の近くのマンホールから非常に奇妙な音が聞こえてくるので警察に連絡しました。

    警察によると、その音とは生き物が困っているときのような鳴き声のもので、それは数時間続き、漸く市の作業員が到着してマンホールの蓋を開けたとき、彼らは非常に驚きました。 【マンホールの中から招かれざる客が出てきたっ! とっととお帰りくださいw(9枚の写真)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    vintage_sports_car_01

    この希少なコブラは1965年にアメリカで製造されてから53年間、完璧な姿で保たれ動いていたが、アラスカでは数週間しか耐えられませんでした。
    【希少なACコブラが車上荒らしの被害に! 犯人がこれじゃ文句も言えないw(3枚の写真)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    サハリンの山の斜面に2頭のクマがいたので目撃者が撮影し始めましたが、酔った男性がクマを追いかけて自分の勇気を見せることにしました。
    【二頭のクマがいた! 俺の勇気を見せちゃるw 酔っ払いの恐ろしい行動が馬鹿過ぎる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    朝になり目が覚めて、あなたのテントの外でこれを見たらどうしますか?

    アラスカ州南部コディアック島の茶色の熊は一般的に大きいですが、ドミトリー・アルヒーポフ(Dmitry Arkhipov)によって撮影された超現実的な経験です。 【朝になりテントを開けた時これがいたら絶対に嫌だ! いや、寝てる時も嫌だけどさw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    ロシアのサハ共和国の線路上に2頭の子熊を連れた母熊がいましたが列車が近付いてきてしまい、運転手は列車を止めることができず警笛を鳴らし続け、子熊を守ろうと必死な母熊は列車に抵抗しようと突進してきました。
    【線路上にいた熊の親子。 命を懸けて子供を守ろうとした母の強さが悲劇を生んだ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    4

    インドでの出来事で、野生の熊は夫妻を殺し、さらに7人に怪我を負わせながら村を突き進み、最後は退治されてしまった。
    【村人 vs 野生の熊! 男性が襲われているところをタコ殴りされダウンする熊】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    7

    インドでの出来事で、熊に襲われた男性の顔が酷い状態に。
    【熊に襲われ顔をズタズタにされてしまった男性! 何でこれで落ち着いてられるんだ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    サハリンの住民は初夏のピクニックを楽しんでいたところ、熊がそれを妨げましたが、彼らはまず熊に食べ物を与え油断したところで勇敢な女性は声を張り上げ熊を追い払いました。
    【ロシアの女性は熊を大声で威嚇し丸腰で追い払います! ロシアの女は強ぇ~な( ゚Д゚)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 - コピー

    12月下旬、米国カリフォルニア州フォーブズタウンの住民は、通りに見たことも無い奇妙な動物がいると通報しました。
    【カリフォルニアで見たことも無い奇妙な生き物がいると通報された! 何だこの動物?(4枚の写真)】の続きを読む

    このページのトップヘ