#歯列矯正

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    dentists_01

    私たちの多くは、歯科医、さらには歯列矯正の歯医者に行くことを恐れています。

    しかし上顎に埋もれている犬歯が、患者からどのように引き出され徐々に矯正されていくかの経過を見てみましょう。
    【不可能はない? 歯列矯正する歯科医の仕事が凄すぎる!(11枚の写真)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    学生であるアモス・ダッドリー(Амос Дадли)は自分の歯を揃えるために、歯科医師の助けを求めないことを決め、3Dプリンターの助けを借りて、自分のテンプレートを作ることにしました。

    インターネット上で、すべての必要な情報を収集し、プリンターで制作を行った後、彼は歯にテンプレートを被せ、その結果すべての費用で$ 60を費やしただけで、結果は私たちの注目に値します。

    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9

    テンプレートを使用する前のアモスの歯。
    10

    テンプレートを身に着けてから4ヶ月経った結果
    11


    本当に綺麗に矯正されてるなw

    自分で型を取り、プログラムを作って、テンプレートを段階的にいくつか制作したみたい。

    もっと詳しく内容が書かれていたらよかったんだけど、説明文は上にあるだけで、他に書かれていなかったんだけど、これは寝てる時だけ装着してたのかな?

    寝てる時だけで、しかも4ヶ月では無理?

    もしかして食事の時以外は極力装着していたのかもしれないね。

    確か日本だと歯列矯正ってもの凄い費用がかかるんだよね?

    ちょっとカッコ悪いかもしれないけど、それが7千円弱でできるのだったら我慢してもいいかもw


    このページのトップヘ