1

兄弟と一緒に公園で死ぬのを待つかのように捨てられていた子犬のピーティー(Petey)。

カリフォルニア州サクラメントの女性の子供が通学のため歩いている間に子犬を見つけてすぐに獣医のもとに駆けつけました。

子犬は嗜眠(しみん)(高熱や重症のため、外界の刺激に応じられなくなり眠ったような状態になること)していて、氷のように冷たかった。

残念なことに、ピーティーの兄弟は診療所への到着時に亡くなりましたが、ピーティーは生きるために戦いました。

まもなく獣医は子犬が適切に動かなかったので、異変に気づき検査することにしました。

ピーティーは、小脳の形成不全、すなわち小脳が完全に発達していないことを意味する神経学的状態を有していたことが判明しました。

「これらが発生する原因としては、母親からの遺伝的原因または感染のために起こりうる」
「兆候は、頭が揺れ、体を思うように動かせません」とSacramento SPCAの獣医師のLaurie Siperstein-Cook博士は語りました。

しかしピーティーは遊び心のある犬でした。

「ピーティーは驚くほど好奇心があります」と犬の飼い主になったウェストファール・トムソンは言いました。

「またピーティーは非常に自信を持っていて、新しい人と出会うことを楽しんでいます」と付け加えました。

ピーティーは諦めず、時間が経つにつれて自分で食べることを学び、抱きしめられるのが大好きです。

放棄された子犬だったピーティーは、ピーティーを愛するカップルにすぐに採用されました。

さらに詳しい情報:サクラメントSPCA / Facebook


2
3
4
5
6
7