#撃たれる

    緊急獣医師は最悪な状態の動物を治療するのに慣れていますが、コロラド州の1人の獣医師は、犬を救うことができるか疑っていました。

    過去の月曜日、12歳になる黒のラブラドールレトリーバーのポロ(Polo)は留守番していて、翌朝、家族が家に帰るまで、泥棒に顔を撃たれてから一晩中床に伏せていました。

    彼らはすぐにポロをVRCC緊急病院に送り込んだが、チームがポロを見たとき、苦しんでいる犬を救うために何もできないのではないかと心配した。

    1

    「このラブラドールの傷つきかたは、非常に悪いと感じました。」とドン・ビーベ(Don Beebe)博士は述べた。

    銃弾による内的損傷の状態を得るために、X線撮影を行い、ポロが実際にどのような状態にあるかを発見しました。

    「ポロの頭を最初にX線写真を撮って、ポロの口の中に金属の破片があるのを見ることができた」とビーベ博士は語った。

    2

    弾丸はポロの顎の2箇所を骨折させ、いくつかの歯を破壊し、舌を切ったりしたが、弾丸は何とかポロの脳や大動脈を逸れてくれていた。

    「それは奇跡でした。 弾丸は鼻を通って口の中に入ったのは幸運で、脳やそれ以外の場所では重大な結果はどこにもない」と緊急獣医テイラー・ホワイト(Taylor White )は語った。

    「弾丸の経路は、顎骨を通る2つの大動脈を逸れていて、当たっていたら大量に出血して死亡していた可能性があり、ポロがまだ私たちと一緒にいることは驚くべきことです」とビーベ博士は付け加えました。

    3

    これまでのところ、ポロは2回の再建手術を受け、回復してチームを驚かせた。

    「私たちは歯と金属の断片を取り除かなければなりませんでした。 金属の破片は組織の中に深く埋め込まれており、ポロの傷ついた舌は2つにほとんど裂けたが、残っているだけで治療することができた」とビーベ博士は語った。

    「ポロは驚いたことに搬入されてきたときも、とても大人しくしていました。 私たちが鎮痛剤を服用させたときも尻尾を振っていた」と撮影の3日後に家に帰ることができたポロについて緊急獣医テイラー・ホワイトは語った



    泥棒が家に侵入してきたときに、留守番という使命を果たすために泥棒に立ち向かい、撃たれてしまったんだろうな。

    人が留守にしていないで、家にいたらさらに最悪な事態になっていたかもと考えると恐ろしい。

    番犬としての仕事も大切だが、死なないでいてくれてよかった。

    このページのトップヘ