#台湾

    1

    風のない穏やかな日に、男性が台湾の川で魚を釣っていたところ、流れることなく浮かんでいるペットボトルが注意を引きました。
    男性はボトルに興味が湧き、彼は何かがおかしいことに気が付き、それを解明することに決めました。
    【釣り人が見つけた奇妙なカメ。 変な物が背中にくっ付けられていた!】の続きを読む

    1

    それは公式であり、世界中の動物愛好家にとってすばらしいニュースです。

    台湾は犬と猫の肉を食べるのを完全に禁止する最初のアジアの国になりました。

    この新しい法律では、イヌやネコの肉を食べ有罪判決を受けた人に$ 1,600(約17万円)から$ 8,000(約87万円)の罰金を科すことができます。

    この禁則は、猫や犬の死体の売却、所持、または購入も対象としています。

    この肯定的な変化は、台湾での犬や猫へ対する姿勢が変化していることが主な原因です。

    ペットとしての所有が増えているので、動物を肉食していることから友達に見えることに変わってきたということです。

    蔡 英文(さい えいぶん、ツァイ・インウェン)大統領もそれに関連するかもしれない。

    彼女の選挙運動の間、彼女は2匹の猫を飼っていて、3匹の犬を飼っていた動物愛好家として自分自身を位置づけました。

    この禁止は大きな勝利ですが、猫と犬の肉を廃止する戦いは続けられます。

    例えば、中国では毎年1万匹の犬が楡林犬肉祭で殺され続けています。

    他のアジア諸国が台湾を例にして、後に続いてくれることを祈りましょう。

    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8


    これは良いことだね。

    でもこれ、本当の戦いはこれからだろうな。

    闇で食べる人は必ずいるだろうし、公に食べなくなったことでバランスが崩れ、野良猫や野良犬が増えることで狂犬病の危険度が増すなど、様々な次の問題が出てくるんじゃないかな?

    日本でも殺処分ゼロ運動してたり、地域の猫愛好家が野良猫の去勢手術で増えないように大変な努力していたりするからねぇ。

    そういや日本では犬や猫を食べる習慣がないから、食べちゃいけないって法律も特に無いか?

    まあ、あっちの人がわざわざ肉を輸入して食べてたりってのはあるけど、そういう意味で食べちゃダメって法律が作られたのは台湾がアジアで最初の国ってことになるんだろうな。

    日本ではキチの付く人が楽しむために残忍な殺し方をしたりして、器物破損って罪にするけど、あれはどうにかしてほしいな。




    このページのトップヘ