#北朝鮮

    1

    先日、北朝鮮は日本にテストミサイルを発射し、その翌日にアメリカ軍はハワイのカウアイ島の太平洋ミサイル射撃隊でSM-6迎撃ミサイルを発射しテストしました。
    【なぜアメリカ軍は北朝鮮のテストミサイルを撃墜しないのか?(4つのビデオと7枚の写真)】の続きを読む

    北朝鮮が外国通貨を得るための違法営業利益は、1990年代初頭以来、国際社会での会話の主題となっています。
    多くの国際社会と外交の専門家は、北朝鮮を「犯罪者の国」と呼び、違法な手段で稼いだお金は、軍事、原子力プログラムの開発に費やしたりされました。
    北朝鮮はどのような方法でハードカレンシーを稼ぎましたか?

    1:麻薬密輸
    1

    1970年代以降、北朝鮮はアヘン生産に従事し始め、今はメタンフェタミン(Philoponus)とエクスタシーを生産しています。
    実際には、密輸など麻薬持ち込みと販売をしていたのは、海外の北朝鮮大使館員や外交官などが自分自身でしていました。
    2003年まで、北朝鮮外交官が20回ほど麻薬密売に関連した犯罪で逮捕されたり強制送還されました。
    2004年には50万個のエクスタシーの錠剤をエジプトとトルコに販売のために密輸しようとした北朝鮮からの外交官が逮捕されました。
    【北朝鮮が外貨を取得するための7つの違法な事業の進化】の続きを読む

    このページのトップヘ