#保護

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    男性は森で母親とはぐれ空腹だと思われる子熊を見つけ食べものを与えようとしたが、子熊は人々の意図を理解していなかったのでそれは簡単ではありませんでした。 【森で保護された子熊は大暴れw 人間の意図を理解してくれない(;´・ω・)(2つのビデオ)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    ロシア連邦中南部のオムスク州のアゾヴォの村では、ウサギが新生児の母親代わりをして子犬を保護し危険から守っていました。
    【ウサギが子犬たちの母親代わりをして外敵から守って育てていた!(4枚の写真)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    「ほら、行きなさい」と木の上に登らせようとしてたら、猫が狙ってたんだろうな。
    【保護したリスが元気になったので野生に返した瞬間、猫に持ってかれた!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    アラスカ州のオランダ港の住民は、保護のため補助金をかけられた捕食者に14年間悩まされ耐え続けてきました。
    【アラスカのハクトウワシ(白頭鷲)たちが、まるでカラスのようだw(10枚の写真)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    5

    アメリカのカンザス州に住むお婆ちゃんは以前から自宅で傷ついた野良猫を保護したり世話をする保護シェルターのようなことをしていましたが、孫のエリック・ハートレイン(Eric Hertlein)がお婆ちゃんの家を訪ねた時に数匹いる猫の中に異変を感じました。
    【野良猫を保護する優しいお婆ちゃん。 だがお婆ちゃん、それ猫じゃないorz(4枚の写真)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    私たちの新しい家族となった猫のマヤです。
    1

    染色体の異常を持つ1歳のトラ猫のマヤは中華レストランの裏手にいるところを保護され、奇妙な猫の保護区(Odd Cat Sanctuary)に連れて行かれました。
    【余分な染色体を持って生まれた猫は、殺処分を逃れて家族を見つけました】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    サンクトペテルブルグの少女たちが子猫を救うために道路に飛び出し車を止め始めました。
    【ロシアの少女たちは車の流れを止めて子猫を救助しました】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    パレスチナのガザの動物園から救出された数少ない動物の一匹は、Lazizaという名前の9歳のトラであることが判明しました。
    【パレスチナのガザの動物園から救出された一匹のトラの歴史】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    ヒナの時に巣から落ちたコンドルは、近くの農家の人に保護され育てられました。

    大きくなり野生に戻された今も、育ての親を慕って通ってくるそうです。 【コンドルは、命を救ってくれた育ての親を尋ねに通ってきます】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    カリフォルニアに本拠を置く犬の救助隊「ホープ・フォー・ポーズ(Hope For Paws)」は最近、鉄道の線路脇にいる2匹の犬についての電話を受けた。

    その1匹は2週間前に亡くなっていたが、犬は親友の側を離れることを拒否していた。

    救助隊員、ジョアン・ウィルツ(JoAnn Wiltz)とリサ・アルトゥーロ(Lisa Arturo)が怖がっている犬を見つけ、犬を怖がらせないようにゆっくりと近づいた。

    1

    リサは犬にフライドポテトを与え、信頼を得るようにしてみました。

    犬はそれらを食べていましたが、犬はまだ人間とのやりとりに対し態度を硬化させていました。

    この犬たちはどこからやって来て、いつからここに居るのかは分かりませんが、今までに計り知れない悲しみを経験してたことは明らかです。

    彼らがカサンドラ(Cassandra)と名付けた犬を保護すると、すぐに落ち着き始めました。

    カサンドラはさっそく暖かいお風呂を受け、「暖かい風呂は非常に治療的で、悲しみを分散させるには良い方法です」とHope For PawsはYouTubeのチャンネルに書きました。

    2

    数日後、カサンドラは新しい生活のために外出しました。

    そこには新しい人生、新しい友人、新しい始まりがあります。

    さらに詳しい情報:DoggieBonez.com



    死んだ友の体から離れようとせず、絶望感から自分の死を待っていたのだろうか?

    そう考えると、もの凄く切なく感じてしまう。


    このページのトップヘ