#コックピット

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    F-16のデモチーム「ヴァイパー」のパイロット、ジョンウォーターズ(John Waters)は、2018Airventureエアショーの際にファイティングファルコンで私たちを魅了しています。
    【F-16 のコックピットから全方位カメラでの映像が迫力がありカッコいい!(7つのGIFとビデオ)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ロッキードP-80Aシューティングスター(Shooting Star)(1945年)
    第2世代のジェット戦闘機は、第1世代のジェット戦闘機から学んだ教訓を基本にしてコックピット設計に取り入れました。
    1
    2

    北米F-100Dスーパーセイバー(Super Sabre)(1956年)
    この第2世代ジェット戦闘機、超音速飛行が可能な最初のUSAF戦闘機は、主に機銃で武装していた。
    これは空対空ミサイルを装備した最初の戦闘機の1機であり、ミサイルがロックされた時にパイロットに通知するシステムを装備した。
    3
    4

    Vought F-8 クルセイダー(Crusader)(1958年)
    アメリカの戦闘機は銃を主武器として構築され、レーダー付き戦闘機の装備とそれに対応するレーダーの範囲を含む第3世代の特性が組み込まれ始めます。
    5
    6

    Convair F-106デルタダーツ(Delta Dart)(1959年)
    未来的な超音速迎撃機は、戦闘機のための多くの新しいイノベーションを特色にしていました。
    操縦席のレーダー探知機を含めると、操縦士用の地上制御自動操縦と戦術的状況表示(TSD)マップなど、新しい航空電子工学が利用可能であった。
    7
    8

    マクドネル・ダグラスF-4ファントム(Phantom)Ⅱ(1964)
    空軍、海軍、海兵隊が使用していた古典的な第三世代戦闘機には、2人の乗組員がいました。
    バックシーダー、レーダーインターセプトオフィサー(RIO)は、新しく高度なレーダーシステムを管理していました。
    兵器としてミサイルだけを運ぶように設計された後のバージョンでは、ベトナムで習得した銃器を取り入れています。
    F-4は世界中の様々な国々でまだ使用されており、最も生産された戦闘機の1つです。
    9
    10


    ヴォート(Vought) A-7D コルセア(Corsair) II(1973年)
    F-8クルセイダーをベースにした軽攻撃機は、ヘッドアップディスプレイ(HUD)、慣性航法システム(INS)、ターボファンエンジンを搭載した最初の戦闘機の1機でした。
    シングルシート攻撃機のレーダー・スコープと様々な航空電子技術の進歩が注目される。
    11
    12

    グラマン(Grumman) F-14A トムキャット(Tomcat)(1974)
    第4世代戦闘機の一つであるF-14Aは、飛行機の高度レーダーシステムを担当するレーダーインターセプトオフィサーである後部座席を持つ2人の乗組員が必要であったことからF-4と似ていた。
    飛行計器は航空機のヘッドアップディスプレイ(HUD)に移動することになります。
    13
    14

    マクドネル・ダグラスF-15Aイーグル(Eagle)(1976年)
    有名な第4世代航空優勢戦闘機は、主にアナログ機器に頼っていましたが、それはパイロットのためのデジタルシステムの導入を開始したときに変わっていました。
    レーダーシステムは当然、特にシングルシートの戦闘機ではかなり進んだ。
    15
    16

    ジェネラルダイナミクスF-16A ファイティングファルコン(Fighting Falcon)(1982)
    F-16A Fighting Falconは、パイロットの間ではガラガラヘビ(Viper)と呼ばれ、70年代に設計され多くの画期的な機能を取り入れました。
    コントロールスティックをコックピットの中央から右側に移動させた。
    パイロットが高いG力を維持するのを助けるために、シートは30度傾けられていた。この飛行機は、軍用航空機でフライバイワイヤを使用した最初の航空会社でした。
    最も重要なことに、コックピットは、アナログ計測器を飛行計器やその他の操作情報を提供する大規模な多機能スクリーンに置き換えるデジタルの「グラス」コックピット構成を使用し始めます。
    17
    18

    マクドネル・ダグラスF-15Cイーグル(1985)
    F-15へのアップグレードは、より高度な航空電子工学とパイロットのためのより多くのデジタルグラスコックピット計器への移行を含むF-15C変形をもたらした。
    19
    20

    マクドネル・ダグラス F / A-18C ホーネット(Hornet)(1987)
    デジタル飛行計器への移行はF / A-18Cホーネットではっきりしています。
    ライトストライクファイターのマルチファンクションディスプレイ(MFD)により、飛行機内の異なるシステム間でスクリーンを切り替えることができ、空対地と空対地の両方でより高度な武器を切り替えることができます。
    21
    22

    マクドネル・ダグラスF-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle)(1988)
    F-15Eストライクイーグルは全天候の空軍師であり、そしてより古いF-15AおよびF-15Cイーグル航空優勢戦闘機のコックピットとの違いは明らかです。
    23
    24

    グラマン F-14D スーパートムキャット(Super Tomcat)(1991)
    F-14D Super Tomcatは、F-14 Tomcatをデジタル時代に向けて再設計されたもので、パイロットとRIOのための新しいデジタルMFDを含んでいます。
    25
    26

    ジェネラルダイナミクスF-16C ファイティングファルコン(Fighting Falcon)(1991)
    グラスコックピットへの動きは、ガラガラヘビ(Viper)のF-16Cバージョンより容易に明らかです。
    27
    28

    ボーイングF / A-18Eスーパーホーネット(Super Hornet)(1999年)
    Super HornetはHUDを主な飛行手段として使用し、他のMFDを使用して、飛行機上の多数の機能や武器システムを監視して実行します。
    29
    30

    ロッキード・マーティンF-22Aラプター(Raptor)(2007年)
    80年代後半に設計され、90年代初頭に設計されたF-22A Raptorは、世界で初めての、現時点では操作可能な第5世代戦闘機です。
    デジタル時代への移行は、操縦席全体が大きなデジタルディスプレイを利用していることから明らかです。
    F-22の実際のコックピット写真は分かりにくいので、これはF-22のコックピットトレーナーの写真です。
    31
    32

    ロッキード・マーティンF-35AライトニングⅡ(Lightning)(2015年)
    JSFは、また革新的なコックピット設計を特長とし、巨大な多機能タッチスクリーンディスプレイを備えています。
    HUDがないことに注目してください。
    パイロットがどの方向を向いていてもパイロットのヘルメット内に飛行情報を投影します。
    33
    34


    徐々に段階的に進歩してきてるのが一目瞭然だが、F-22からガラッと変わってるきがする。

    F-35Aなんか、何だこりゃな世界にw

    しかしどの戦闘機も計器やボタンやスイッチがたくさんあって、覚えられる気がしないんだぜぃw



























    このページのトップヘ