アニメ・特撮

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    レアポケモンがいたぞぉ~の一声で、これだけの人間がザーっと移動するとか凄いな。

    自分は相変わらず5匹ゲットしたところから進んでないのだがw

    ほんと田舎にポケモンいねぇな・・・

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    「チキ・チキ・バン・バン」といえばミュージカルの名作として、今でも好きな人はたくさんいるんじゃないかな?

    そんなディック・ヴァン・ダイク本人がファミレスのデニーズで「チキ・チキ・バン・バン」を歌ってくれてるのだが、もう90歳になってたんだな。

    しかし90歳とは思えないほど、しっかりした歌声で、元気な姿でそんな歳だと感じさせない。

    周りにいた人たちは本当にラッキーだな。



    自分もこの作品が好きでDVDを持ってるが、元気な姿を見る事ができて嬉しかった。




      このエントリーをはてなブックマークに追加


    機械的なエラーなのか、戦闘中に永い眠りに入ってしまった戦闘用ロボットが、好奇心旺盛な1羽の小鳥によって目覚めたところからストーリーが始まる。

    ロボット的には眠っていただけなので、完全に浦島太郎状態で、キツツキの音を戦闘の音と間違いバトルモードになり平和な森でバルカン砲を撃ちまくってしまった。

    すぐに勘違いに気が付いたが、まだ何が起こったのか解らずに、以前のメモリーにあった任務のとおりの移動をするが、そこにあった壊れたかつての仲間のメモリーから戦争の記憶を読み獲り、怒りで人間に復讐しようと赤いバトルモードに入ってしまう。

    しかしあの小鳥から平和になったのだと学習し、復讐を止め、静かに森の中で過ごすことを選んだロボット。

    と言った感じのストーリーだと思うが、短編アニメで上手くまとめられていて、最後まで見入ってた。

    そしてなんの飾りも無い、武骨なロボットに、ついつい感情移入してしまった。




      このエントリーをはてなブックマークに追加


    材料はどれも100均やホームセンターで揃うような物ばかりで、これなら意外と安価な値段でコスプレが楽しめそうでいいじゃない。

    ただ材料は手に入るだろうが、その組み合わせを考えたり、イメージと似たものを探すのは大変そうだ。

    数千ある商品で、どこにどんな商品があるのか、2・3の店舗の商品を店員並みに把握しておけるくらいのスキルが欲しいところじゃなかろうか。

    作業もそれほど丁寧な仕事をしていなく、どちらかと言えば雑なくらいなのに、色を塗って仕上げてしまえば、意外なほどちゃんと見えるもんなんだな。

    田舎なので、本格的なコスプレって見た事ないんだけど、1度だけ公園に若者が集まってて、中心にべジータがいて驚いたことはあるw

    ああいった衣装って、プロに頼まないと作れないんだろうなって思ってたけど、この動画を見て創意工夫でなんとかなる物も多そうだ。

    今回のはロックマンだが、YouTubeの関連動画には、他にもいくつも作り方の動画があるので、それらを参考にしてみてくれ。


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    ダニエル・スターン本人が投稿した動画だった。

    ダニエル・スターンでピンとこない人もいるだろうから写真もつけると

    1


    そう、ホームアローンで間抜けな泥棒役をやっていて、カルキン君のイタズラで顔にクモが乗ってた人だったんですね。

    だから動画タイトルが「26年目の共演」ってなってたのね。

    なんとも懐かしい人を見た。




    このページのトップヘ