アニメ・特撮

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    「チキ・チキ・バン・バン」といえばミュージカルの名作として、今でも好きな人はたくさんいるんじゃないかな?

    そんなディック・ヴァン・ダイク本人がファミレスのデニーズで「チキ・チキ・バン・バン」を歌ってくれてるのだが、もう90歳になってたんだな。

    しかし90歳とは思えないほど、しっかりした歌声で、元気な姿でそんな歳だと感じさせない。

    周りにいた人たちは本当にラッキーだな。



    自分もこの作品が好きでDVDを持ってるが、元気な姿を見る事ができて嬉しかった。




      このエントリーをはてなブックマークに追加


    機械的なエラーなのか、戦闘中に永い眠りに入ってしまった戦闘用ロボットが、好奇心旺盛な1羽の小鳥によって目覚めたところからストーリーが始まる。

    ロボット的には眠っていただけなので、完全に浦島太郎状態で、キツツキの音を戦闘の音と間違いバトルモードになり平和な森でバルカン砲を撃ちまくってしまった。

    すぐに勘違いに気が付いたが、まだ何が起こったのか解らずに、以前のメモリーにあった任務のとおりの移動をするが、そこにあった壊れたかつての仲間のメモリーから戦争の記憶を読み獲り、怒りで人間に復讐しようと赤いバトルモードに入ってしまう。

    しかしあの小鳥から平和になったのだと学習し、復讐を止め、静かに森の中で過ごすことを選んだロボット。

    と言った感じのストーリーだと思うが、短編アニメで上手くまとめられていて、最後まで見入ってた。

    そしてなんの飾りも無い、武骨なロボットに、ついつい感情移入してしまった。




      このエントリーをはてなブックマークに追加


    材料はどれも100均やホームセンターで揃うような物ばかりで、これなら意外と安価な値段でコスプレが楽しめそうでいいじゃない。

    ただ材料は手に入るだろうが、その組み合わせを考えたり、イメージと似たものを探すのは大変そうだ。

    数千ある商品で、どこにどんな商品があるのか、2・3の店舗の商品を店員並みに把握しておけるくらいのスキルが欲しいところじゃなかろうか。

    作業もそれほど丁寧な仕事をしていなく、どちらかと言えば雑なくらいなのに、色を塗って仕上げてしまえば、意外なほどちゃんと見えるもんなんだな。

    田舎なので、本格的なコスプレって見た事ないんだけど、1度だけ公園に若者が集まってて、中心にべジータがいて驚いたことはあるw

    ああいった衣装って、プロに頼まないと作れないんだろうなって思ってたけど、この動画を見て創意工夫でなんとかなる物も多そうだ。

    今回のはロックマンだが、YouTubeの関連動画には、他にもいくつも作り方の動画があるので、それらを参考にしてみてくれ。


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    ダニエル・スターン本人が投稿した動画だった。

    ダニエル・スターンでピンとこない人もいるだろうから写真もつけると

    1


    そう、ホームアローンで間抜けな泥棒役をやっていて、カルキン君のイタズラで顔にクモが乗ってた人だったんですね。

    だから動画タイトルが「26年目の共演」ってなってたのね。

    なんとも懐かしい人を見た。




      このエントリーをはてなブックマークに追加










    けっこうブラックでじわじわくるのだが、ある意味現実にポケモンがいたらこうなる可能性の方が高い?

    だって、あいつら野生の動物ってより、殺傷能力持ったモンスターだろ?w

    自分はあまりやる気は無かったのだが、一応世間の波に乗ってみようとアプリ入れてみたぞ。

    まだ入れたばかりだからよく解らないのだが、コンビニの駐車場で2匹ゲットしてみたw




      このエントリーをはてなブックマークに追加


    いよいよ日本でも配信されたポケモンGOですが、先行していたアメリカでやはりこういう調子にのった奴が出てきたな。

    いかにも「今でしょ?」って感じだ。

    旬なものだけにウケもいいようだ。

    しかし、こんな足の長いピカチューは、ちょっと嫌だな。




      このエントリーをはてなブックマークに追加


    中には、「これ、笑わせにきてるだろ?」ってのもあるけど、こういうの見ると夏がきたんだなぁって感じる。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    mill-blackbird


    テレビのCMや映画などで見ている自動車は本物ではないかもしれない。



    これまでにいくつかの車のCMをこの手法で撮影しているんだろうか?

    事前にマップされたトラッキングポイントと360°のHDRマッピング機能を使い、ポストプロダクションでスキンされるように設計されたタイヤとフレームだけの電気自動車のミルブラックバードの外装を変更しています。

    車両のサイズに合わせてフレームは4フィートまで伸びることが出来、車幅も10インチまで広げることができます。



    この方法なら、CMでもマイナーチェンジしたとき撮影し直さなくてもいいし、映画で希少な高級車なども、過激なクラッシュシーンを含む映像を気兼ねなく撮影できるわけですね。

    映画で高級車を潰していたりすると、「もったいねぇ」「潰す前に俺にくれっ」とかつい思っていたけど、これからはこういう方法で撮影していると思えば心配する必要はなさそうだ。






      このエントリーをはてなブックマークに追加
    自分もこのCMおもしろいと思っていたけど、海外でも話題になってるようです。



    これのロングってかフルバージョン映像ってここまでなってたのね。

    コメント見てみると、やっぱり中国と思ってる奴がいて、もういい加減中国と日本の区別くらいついてくれって思ってしまう。








      このエントリーをはてなブックマークに追加
    日本の広島在住の智昭Kohguchiは有名なアニメ番組や漫画の格好をする66歳のコスプレイヤーです。

    ドラゴンボールの亀仙人から進撃の巨人のドットPixis、ワンピースのブルックなど彼の衣装は手作りだそう。

    このコスプレイヤーは、ちょうどワインのよう年齢とともに良くなります。

    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9


    くっ、これはある意味卑怯でもある?

    自分の年齢とハゲ頭を逆手にとり、上手く使い完璧に役柄にぴったりなコスプレを完成させているじゃないか。

    これなら精神的に無理をしないでも、自然と若者たちの間に溶け込めるし、自分自身も若く健康的になれそうだぞ。


    このページのトップヘ