アニメ・特撮

    1

    これはよく出来ているな。


    ジェットスキーのポンプから出る推進力を利用して浮上するフライボードの一種をカスタムして、スピーダーバイクに見せているのだが、想像以上にちゃんとスピーダーバイクに見えるな。

    映画さながらに、あの手この手で撮影方法を工夫して、仲間たちで作ったとは思えないほどの迫力ある映像に仕上がっていて、スターウォーズファンも充分楽しめたんじゃないだろうか?

    スピーダーも、実際に乗るには練習が必要なんだろうけど、それっぽく見えてるし乗ってみたいって人もたくさんいるんじゃないかな?

    メイキング動画もあったので見てください。



    仕上がった映像ではよく見えてたけど、近くで見てみると、けっこう粗が見えたりするもんだね。

    まあ本当の映画なんかも、メイキングとか見ると「こんな作りだったの」って驚くほど簡素な事があるもんなぁ。

    そこを、どう迫力あるように撮るとかも作り手の楽しい部分でもあるんだろうな。


    2

    ただのスターウォーズマニアな兄弟ではなかった。



    授業中でもストームトゥルーパーのヘルメットを外さない少年。

    訝しげなクラスメイトと対象に、なぜか先生は何も言わずにほほ笑むだけ。

    兄もストームトゥルーパー型のパーカーで、兄弟仲良くスターウォーズマニアのように装っていたが、実は弟は呼吸器系の病気で酸素マスクを外せない状況を、からかわれるのが嫌であの恰好をしていた。

    優しい兄は、弟が虐められないように、兄弟揃ってのマニアを装っていたが、それを知ったクラスメイトは全員お揃いのストームトゥルーパーのヘルメットを被って待っていた。

    ベタな話といえばそうなのだが、またそこが良い。

    酸素マスクより、ストームトゥルーパーのヘルメットの方がからかわれるだろってツッコミは止めておこうねw






    2

    射撃が下手くそにもほどがあるだろw



    あまりの下手さに教官どころか、ダースベイダーさへも呆れて匙を投げてしまったぞw

    しかしこういうパロディで本当に新人警官が集まるのか疑問だ。

    とか言いつつ、よく考えたら日本も萌えだなんだと散々やっていたのを思い出したw

    もしかして、アメリカが日本化してる?


    このページのトップヘ