アニメ・特撮

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    4

    現代社会は、学校では社会で上手くやっていけるように、そしてできるだけ頑張るよう、子供たちに同じことができるよう教えてくれます。

    創造性のための余裕をもたない無限のサイクルです。

    この短編映画は人々に違った見方を促してくれます。

    Alikeは、マドリードに拠点を置くアニメーターDanielMartínezLaraとRafa CanoMéndezで、毎日の疲労によって創造性が喪失したときのあなたの人生に起こることについての7分間のレッスンを描いています。

    モデルは親子であり、子供たちが自分の道を決めて進んでいくことの重要性についても言及しています。

    「色を失わないようにするため、私たちの家族のため」に捧げられ作られています。



    なんだ、日本のことを「働き過ぎだ、創造性が無い」とか批判するくせに、お前ら外国でも同じような問題を抱えてるんじゃないか。

    でも本当にこうはなりたくないよなぁ。

    自分の色が無くなるならまだしも、子供の個性や笑顔まで奪いたくはないよなぁ。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    あ~、ロシア版だとこうなるのかw



    ほとんど知らない歌ばっかりだけど「t.A.T.u. 」は解ったw

    日本版は原作のアメリカ寄りに作られてるだろうけど、ロシアはロシア色を打ち出しているんだな。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    バカバカしい笑える映像になるかと思ったら、あれ・・・これ、案外といけるんじゃね?



    マガジンを入れたり、コッキングレバーを引く音とか、意外と悪くないw

    なかなか本格的な音に聞こえてくるw

    特に本当に飛んでくる弾を避けたり、当たったりしてるところにシビれる~!

    カッコいいけど、じわじわきてクスっとさせてくれる素晴らしい映像でしたw




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)

    引き篭もってゲームばかりしている少年に、母親からのプレゼントは片足の無い子犬だったことで、機嫌を悪くする少年だったが、足の無いことなんかお構いなしで楽しもうとする子犬を見て考えが変わった。

    そう、少年も子犬と同じに片足が無かったのだ。



    母親からの当てつけかと思い気を悪くしていたが、どんなに転ぼうが痛かろうが挫けず生を楽しもうとする子犬の姿に、足を無くして腐っていた自分も変化しようと決めた少年。

    くっ、こんなベタな話で涙が止まらなくなっちまうとは・・・

    しかし逆にこういうベタなのがよかったりするんだよなぁ。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    barbie_00

    バービーは世界で最も有名な人形で、過去50年間に大きく変化しました。

    2

    3


    って、2017バージョンは人種まで変わっちゃってるようなんだけど?

    明確な白人ではなく、国籍や人種を曖昧にした感じにしてるのかな?

    ご時世だねぇw

    いろんなところに配慮してる内に、どんどん訳が解らなくなっていくな。


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    「ぐでたま」に続く新たなキャラクターってマジで?

    本当にサンリオのチャンネルから発信されてるマジものの動画だったwww

    OLとしてオフィスで働くレッサーパンダのアグレッシブ烈子に共感を覚える女子が多いとか。

    まあそうだろうなって思うけど、それよりも普通におもしろいw

    海外も混乱してるようだw




      このエントリーをはてなブックマークに追加


    日本のテレビのCMが奇妙で面白いと話題になっているようだが、日本人が見ても奇妙なんだぞw

    普段、テレビ番組を見ていて、何気なく見て聞き流していたり、CMが始まるとトイレタイムしたりって人も多いと思うが、こうして総集編で見てみると、改めて面白かったりするね。

    地方CMで見たこと無いCMもあったりして、それも面白かったりするね。

    個人的には広告主がいただけないのだが、新聞屋のあのシリーズは好きなんだよなぁw


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    モグという、この猫のせい?

    ボヤでクリスマスが台無しなってしまい、悲しみに暮れる家族に、近所の人たちが協力し忘れられない最高のクリスマスになったのも、モグのおかげ?

    クリスマスは過ぎてしまったけど、ベタな感じのショートストーリーに、なんかほっこりさせられたので載せてみました。


      このエントリーをはてなブックマークに追加






    何だこれ?w

    よいクリスマスをw




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    これはよく出来ているな。


    ジェットスキーのポンプから出る推進力を利用して浮上するフライボードの一種をカスタムして、スピーダーバイクに見せているのだが、想像以上にちゃんとスピーダーバイクに見えるな。

    映画さながらに、あの手この手で撮影方法を工夫して、仲間たちで作ったとは思えないほどの迫力ある映像に仕上がっていて、スターウォーズファンも充分楽しめたんじゃないだろうか?

    スピーダーも、実際に乗るには練習が必要なんだろうけど、それっぽく見えてるし乗ってみたいって人もたくさんいるんじゃないかな?

    メイキング動画もあったので見てください。



    仕上がった映像ではよく見えてたけど、近くで見てみると、けっこう粗が見えたりするもんだね。

    まあ本当の映画なんかも、メイキングとか見ると「こんな作りだったの」って驚くほど簡素な事があるもんなぁ。

    そこを、どう迫力あるように撮るとかも作り手の楽しい部分でもあるんだろうな。


    このページのトップヘ