夜ふかしのすすめ

海外で話題になってることや、おもしろいと思ったことを書いてます。 日本のことが話題になっていれば逆輸入?もします。

アニメ・特撮

ちょっと考えさせられてしまうショートフィルム

4

現代社会は、学校では社会で上手くやっていけるように、そしてできるだけ頑張るよう、子供たちに同じことができるよう教えてくれます。

創造性のための余裕をもたない無限のサイクルです。

この短編映画は人々に違った見方を促してくれます。

Alikeは、マドリードに拠点を置くアニメーターDanielMartínezLaraとRafa CanoMéndezで、毎日の疲労によって創造性が喪失したときのあなたの人生に起こることについての7分間のレッスンを描いています。

モデルは親子であり、子供たちが自分の道を決めて進んでいくことの重要性についても言及しています。

「色を失わないようにするため、私たちの家族のため」に捧げられ作られています。



なんだ、日本のことを「働き過ぎだ、創造性が無い」とか批判するくせに、お前ら外国でも同じような問題を抱えてるんじゃないか。

でも本当にこうはなりたくないよなぁ。

自分の色が無くなるならまだしも、子供の個性や笑顔まで奪いたくはないよなぁ。




ロシア版『SING/シング』が独特で面白いw

1

あ~、ロシア版だとこうなるのかw



ほとんど知らない歌ばっかりだけど「t.A.T.u. 」は解ったw

日本版は原作のアメリカ寄りに作られてるだろうけど、ロシアはロシア色を打ち出しているんだな。




おもちゃの銃を使い、本格的なアクションシーンを撮ったら意外とカッコよかったw

1

バカバカしい笑える映像になるかと思ったら、あれ・・・これ、案外といけるんじゃね?



マガジンを入れたり、コッキングレバーを引く音とか、意外と悪くないw

なかなか本格的な音に聞こえてくるw

特に本当に飛んでくる弾を避けたり、当たったりしてるところにシビれる~!

カッコいいけど、じわじわきてクスっとさせてくれる素晴らしい映像でしたw




プレゼント それは生き方を変えた、かけがえのないものでした

ダウンロード (1)

引き篭もってゲームばかりしている少年に、母親からのプレゼントは片足の無い子犬だったことで、機嫌を悪くする少年だったが、足の無いことなんかお構いなしで楽しもうとする子犬を見て考えが変わった。

そう、少年も子犬と同じに片足が無かったのだ。



母親からの当てつけかと思い気を悪くしていたが、どんなに転ぼうが痛かろうが挫けず生を楽しもうとする子犬の姿に、足を無くして腐っていた自分も変化しようと決めた少年。

くっ、こんなベタな話で涙が止まらなくなっちまうとは・・・

しかし逆にこういうベタなのがよかったりするんだよなぁ。




バービー人形の進化を一気に振り返って見てみよう

barbie_00

バービーは世界で最も有名な人形で、過去50年間に大きく変化しました。

2

3


って、2017バージョンは人種まで変わっちゃってるようなんだけど?

明確な白人ではなく、国籍や人種を曖昧にした感じにしてるのかな?

ご時世だねぇw

いろんなところに配慮してる内に、どんどん訳が解らなくなっていくな。


応援の1ポチお願いします
最新記事(画像付)
a
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
アクセスランキング
メッセージ

名前
本文
  • ライブドアブログ