アート

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    彼女や嫁さんのご機嫌をとるために花の一つでも・・・

    「しまった、花屋が閉まってる」、なんてときのために覚えておいて損はないだろう。


    「作ってくれたの? ありがとう」と言ってくれる相手なら大事にしよう。

    「何よ、こんな貧乏くさい物」って捨てるような相手なら、すぐに逃げるんだ。

    えっ、世の中そんなに単純な話ではない?

    毒牙にかかって抜け出せない人も多いんだろうなぁ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22637c3d-this-is-the-best-cover-up-of-a-guy-s-ex-wife-ever


    どうしてこうなった?

    刺青の上書きで、愛した元妻の似顔絵が般若になった(笑)

    付き合ってる恋人の名前を掘るとか、アホとしか思えないのに、似顔絵までいれるとかもうねぇ。

    別れた時とかどうするの?って思わないのかな?

    まあアホだから舞い上がって「この愛は永遠だ」なんて思いこんで掘っちゃうんだろうけど、そうそう上手い話はないと思うぞ。

    しかしよく日本の般若を知ってたな。

    アレンジの仕方は上手かったな。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    こりゃすげ~速弾きだな。


    しかもこの子、ベッドの上だけど正座して弾いてない?

    バンジョーってアメリカの津軽三味線的なポジションなのか?

    そんな訳ないな。

    しかしこの速弾きについてくるバイオリンの子も、ギターの子も凄いじゃないか。

    将来が楽しみだね。

    バンジョーっていえば、上の動画のようなせわしない曲が西部劇とかで流れてくるイメージだけど、しっとりした曲もいいね。


    「ワシントン広場の夜はふけて 」って曲が好きだったりもする。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    と言っていた芸術家が昔いたけどね。



    本当に爆発させろとは言ってないんじゃないかな?

    なんともアメリカンなやり方だなぁ。

    スロットル全開にした芝刈り機に缶スプレーを投げ込むとか、もうみているだけで危ないとしか思えないぞ。

    キャンバスまで燃やしてるし、企画の段階でダメだな、こりゃ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    インドってこういうパフォーマンスする人がたくさんいるイメージあるよね。



    このトウモロコシ売りのオジサンも、じつに絶妙なリズムを刻むねぇ。

    これが美味しいかどうかは別にして、客に興味をもたすのにはいい方法だろう。

    そういえば子供の頃に上野のアメ横だかどこかで見た、包丁でリズミカルに飴を切るオジサンを、飽きもせずジ~っと見てたの思い出すな。



    このページのトップヘ