アート

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    8

    あなたが悲しい時、あなたは飲みます。

    あなたが幸せな時、あなたは飲みます。

    あなたが何を感じていても、あなたはいつも飲むのを楽しみます。

    あらゆる状況で飲むことを別にして、あなたがする別のことがあります。

    それはあなたが空のボトルを捨てることです。

    本来捨てられるはずのボトルが、他のことに使用することができると考えたことがありますか?

    下のビデオは、これらの空のワインボトルで何ができるのかを教えてくれるでしょう。



    こういうの見るとちょっとやりたくなるよねw

    ワインやウイスキーや日本酒など、酒はいろいろあるけど、気に入ったお酒や、お洒落で素敵な酒のラベルを剥がしてコレクションする人もいるよね。

    専用の透明フィルムでラベル表面をそのまま剥がし取るラベルレコーダーなんてものもあったりするが、お洒落なラベルが付いたままのボトルごと使うのもいいかもしれない。

    アルコールランプは口金部分を旋盤使える人なら簡単に作れるけど、そうじゃない人にはちょっと難いかもしれないな。

    でも他の奴は100均やホームセンターで道具や材料を買えば作れそうだし、DIYで楽しみながら作れるだろう。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    東京で生まれた日本のポップアーティスト野田 凪(のだ なぎ)

    彼女はフリー・アート・アートディレクター、アーティスト、ファッションデザイナーとして働いていました。

    彼女はNikeとLaforetのためのcamapignsとPanasonicのための短編映画を制作し、野田の作品は、美的・ナレーションの高度な創造性と非適合性を備えた視覚芸術と商業的な関係とのバランスをとりながら、人工性と逐次性によって定義されています。

    2

    野田 凪の作品は、しばしば超現実なものから奇妙なもの、詩的なものまで、審美的な印象を与えます。

    3

    野田 凪は、前年に交通事故で怪我をしたことによる外科的合併症の後、2008年9月7日に34歳で亡くなりました。

    さらに詳しい情報:野田凪 - Wikipedia

    4
    5
    7
    8
    9
    10


    えっ、そうだったの? と驚いた。

    ずっと前からバカ画像とかおもしろ画像なんて検索したら、この動物の髪型がよく出てきていて知ってはいたけど、これが日本人の作品で、しかも本人はとっくに亡くなっていたなんて知らなかった。

    しかも34歳なんて若さで亡くなっていたとは、ちょっとショックだった。

    才能豊かでノリに乗ってた歳だろうに、事故の後遺症による合併症で亡くなるとか、本人も周りも残念でならなかっただろう。



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    ヨーロッパの荒野で腐敗した最高の車を探すために、10年以上費やしてきた探検家の一人が発見した、ヨーロッパで最も壮観な自動車の墓地を目の当たりにしてください。

    2


    ドイツ、スウェーデン、ベルギーをまわり、ドイツのCivil Servant Robert Kahl(30)がNikon D7100を使用して美しい画像が撮影しました。

    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16


    木が生え、苔に覆われ、錆びてグズグズに朽ちて土に戻っていく車体が滅びの美学だねぇ。

    レストアして復活させたら素敵なヴィンテージカーになる車があったりして、もったいないなって気がしないでもないが、これはこれでいいな。

    こういう場所って、何でこんなに魅力的なんだろうな?

    悲しさや怖さや、わくわくする気持ちが入り混じった不思議な気持ちになるんだよな。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    古い本を調べると、見えない秘密のメッセージが見つかったりします。

    これは本の裁断面であるページの端に描かれており、小口絵と呼ばれ、絵画があったりもします。

    これらの多くは肉眼で見えないように隠されており、ページをずらした場合にのみ見ることができます。

    研究者たちは、最古の絵が10世紀にまで及んでいると推測していますが、最初に存在が知られたものは1649年です。

    最初はこれらの絵画は装飾的なデザインであったが、肖像画、宗教的な場面などがあります。

    通常、絵画の主題は本の内容と密接に関連しています





    このミステリアスな感じがわくわくさせるねぇ。

    本が手軽なものじゃなかった時代だろうけど、この手の込みようには驚くな。

    しかもただ手が込んでるだけでなく、本当に綺麗だ。

    でも漫画雑誌ならいいけど、革表紙のこういう高価そうな本をこうして曲げるのは、本が傷みそうでちょっと勇気がいるなw


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    6

    YouTubeチャンネルでMake Anythingこと、 Devin Montes は、カラフルなツイスト・コンテナを3Dプリンターで制作しています。

    「これらのデザインは基本的に同じコンセプトの反復です」とDevin氏は言います。

    内側と外側の容器の間にできる微妙な隙間が完全な空気のクッションを作り出すので、それらは本当にスムーズに開閉します。



    茶筒に使ってもいいかもw

    しかし想像以上にするする~とスムーズに入っていくもんだな。

    3Dの図面をパソコンで作ってる作業も動画にあったが、何気にサクサクと簡単そうに進めているけど、慣れてる人だからああやってできるだけで、実際に作るとなると難しいんじゃないの?w

    外側と内側の筒の隙間を調整するのにも、微妙な補正を加えたり、実は意外と大変な作業をしていそうだ












    このページのトップヘ