生き物

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    重火器をバンバン撃ち鳴らす屈強なアメリカ軍兵士といえども苦手なものがある。

    それは虫だったりする。



    もう蜘蛛1匹で部屋中ひっくり返してこの大騒ぎ。

    だって、恐いものは恐いんだもんってところか。

    b4f62c7a


    種類にもよるのかもだが、キャメルスパイダーってこんなのもいたりするからね。

    これが部屋にいたりしたら、自分も悲鳴をあげながら卒倒する自信あるぞ。



    人気ブログランキングへ



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ポルトガル沖で撮影されたマンボウのようですが、これはデカイ。



    ダイバーの大きさからすると、タタミ2畳分くらいはありそう?

    畳の大きさで表すのも日本人らしく変だが、海の中をふわふわ漂ってるだけのように見える魚が、あの大きさに育つのも変だろう。

    他の小魚を追いかけて食べる訳でもないし、ふわふわ漂いながらプランクトンなどを摂取してるだけで大きくそだつのだからね。

    しかしなんともマヌケというか愛きょうのある魚ですね。



    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トローリングでカジキ釣りって1度はやってみたいって思いません?

    松形弘樹や梅宮辰三なんかがテレビでやってたりして、ハードな釣りで男心をくすぐりませんか?

    でもこういう動画を見ると、ちょっと萎える・・・



    恐ぇ~よε=ε=(;´Д`)

    90kgもあるカジキが飛びあがってきて襲いかかってくるんだから。

    あの長い角に刺されでもしたら大ケガでは済みそうもありませんね。

    カジキも生き残りをかけて命がけでしょうから必死ですね。



    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スズメバチの巣を除去する作業ってテレビでしか見た事ありませんが、暑い時期に防御服を着て大変な作業ですよね。

    しかも命がけなのですから。

    今回はニュージーランドの作業の映像です。



    日本だと煙でおとなしくさせたり、蜂を掃除機で吸って少なくしたりと、危険度を少なくするための工夫を凝らしてたりしますが、ニュージーランドではダイレクトに真っ向勝負で挑んでますね。

    そりゃあ蜂の巣を突くの諺どおりに、蜂が総攻撃してきてます。

    しかもたった1人での作業。

    蜂が日本のオオスズメバチよりは小型みたいですが、これだけの蜂から攻撃されたのでは堪ったもんじゃありません。



    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    人間、いや、生き物全てに言えることだと思うけど、体の構造って良く出来てるよなぁって思いません?

    内臓の機能もそうだけど、骨、特に関節なんか不思議に思う事があるんだけど、どう動いてるのか見てみよう。

    ankle1

    足首

    elbow2



    hand-w4



    shoulder3



    knee5



    神が造りたもうたなんて言わないけど、どうしてこの構造が出来たのか不思議でなりませんね。



    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ただでさえカニは爪という武器を持っているのに、さらに強力な武器を手に入れました。



    カニも調理されまいと必死なのかもですが、これでは迂闊に手を出せませんね。



    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    背後からライオンに襲われて、ガッチリ牙と爪が食い込んだ水牛のとった行動とは?



    車のタイヤに角を刺し、パンクした音に驚いたライオンは一目散に逃げて行ってしまいました。

    苦し紛れに行った行為が功を奏したのか、それともただの偶然か?

    どちらだと思います?



    人気ブログランキングへ

    このページのトップヘ