生き物

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    日本には「猫に小判」や「猫に鰹節」って諺があったりするが、最近は海外でも削り節の人気が上がってきているそうです。

    あるサイトの管理人が海外アマゾンのレビューを見ていて気がついたそうだが、外国人もみそ汁の出汁に使うため需要があるのかと思ったら、なんとレビューにはネコの餌としての書き込みが目立ったそうです。

    自分たちも食べるが、ネコのおやつや餌にも使うといった感じで、中にはネコの餌メインな人もいるようです。

    う~ん、できれば出汁をとったり人間が美味しく食べたあとの削り節をネコにあげてもらいたいとこだが、食生活が日本と違うのだからそうもいかないか?

    まあ工場の機械化で作られた大量生産品だから許せる範囲か?

    これが手作業で何カ月もかけて作られる本枯れ節だった日には怒鳴られるかも。

    もっとも本枯れ節の値段見たら「高価すぎる」と文句言うか、ネコの餌にしようとは思わないだろうけど(笑)

    鳥肉をネコの餌として考えてる海外でも、こうして鰹節がネコに人気が出るってことは、やはり猫は魚の方が好き?

    トルコのネコにねこまんまはウケルか?って動画があるので見てみましょう。





    最初は「何じゃこりゃ?」の反応だったが、一度食べて味を知るとメロメロになるようで、確かな舌をもってるようです。

    こんな動画もあった。



    海外育ちで、日本の猫なら堪らない物でも食べ物とは認識しないようです。

    でも削り節だけは食いついてるね。

    鰹節には、いかに旨味成分があるかが解るってもんです。

    最近は寿司人気のおかげで、家庭でも海苔巻きを作る外国人も増えて、削り節同様にアマゾンで海苔の人気も上昇中らしい。

    大戦中は捕虜になった米兵がお腹を空かせてるのが不憫に思い、看守がこっそりおにぎりを差し入れしたそうだが、肝心の米兵はおにぎりに巻かれた海苔をゴミが着かないようにする包み紙だと思い丁寧に剥がして食べてたなんてエピソードがあったりね。

    最近までも黒い紙が気持ち悪いとカリフォルニアロールなんて裏巻きしたりしてるし、直訳すると海藻はシーウィード(海の雑草)となるため「海の雑草を食べるとは、日本人は貧しい暮らしをしてるんだな」などとトンチンカンな思い込みをしたりしてたしね。

    日本の酒や醤油や味噌に惚れ込んでアメリカで作りだす人がいたりするので、そのうち江戸前ならぬカリフォルニア前海苔なんてのが出てくるかもしれない。




    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    シャチといえば千葉県の鴨川シーワールドの入口にシンボルみたいにシャチの像があり、楽しい楽しいシャチのショーが目玉だったりする。



    こうなるとちょっと悲惨だが・・・

    自分も小学生の頃にここでシャチやアシカのショーを見て楽しかったのを覚えていたりする。

    そんなシャチが東京湾で初めて目撃されてたりします。



    いったい何事?

    海水の温度変化に伴い、本来オーストラリアなど南の方にしかいなかった猛毒を持つヒョウモンダコが日本で見つかったりと、こういった環境の変化によるものなのか?

    シーワールドにいるシャチはよく躾けられていて、芸も達者で見た目もパンダ柄で可愛いのだが、その体はイルカと比べて遥かに大きく驚く。

    「シャチ可愛いねぇ~、鳥さん達と仲良く遊んでるよぉ~」なんて微笑ましく見ていると



    ( ̄□ ̄;)

    所詮は獰猛な海の王者でした。

    海の王者と言われサメより知能がある分、性質が悪いですね。

    パドルサーフィンで楽しんでると



    これは生きた心地がしないだろう。

    ボートに乗っていても



    高速でシャチの群れに追いかけられたら生きた心地がしないよ。

    調教師も大変です。



    シャチ的にはジャレてるつもりかもしれないが、水の中に引きずり込まれると洒落になりません。

    もっと洒落にならないのは・・・



    波打ち際ではしゃいでたおじさんが・・・

    シャチの怖さはここにありますね。

    浅瀬だからって油断してると襲ってくるのだから。

    これは助かった例。

    ラッコ逃げてぇ~。



    よかった よかった。

    東京湾でシャチが見つかったなんて聞いたら、ますます海が怖くなって中に入れなくなったぞ。

    みなさんも海で遊ぶ機会がこれからあるでしょうが、充分気を付けてください。




    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    今話題?になっている顔が半分壊死していた犬がいます。

    インドの動物保護団体に保護された、顔が壊死した犬。

    目の周辺が大きく壊死しており蛆に侵食されています。

    職員が犬を保護し施設へと連れて行きましたが、あまりの状態の酷さから当初は安楽死を選ぼうとしたようですが、犬が生きようとする意志があることをみせたことから治療をすることになり、治療を施した結果犬は驚くべき回復を見せます。

    いきなりグロいというかショッキングな映像なので、一応苦手な人には閲覧注意でお願いします。



    ちくしょーめ、目から汗が止まらないぜ。

    いったい何があったらああなったのか解らないが、あそこまで肉が腐って無くなった状態から、僅か3ヶ月で肉が再生しているのだから、動物の治癒力って凄いですね。

    半野良の猫が大ケガしてるのを治療してたときを思い出して泣けてくる。

    きっとこの犬も助けてくれた職員たちに絶大な信頼を寄せているでしょうね。

    猫って超ツンデレなので、犬のように愛情や信頼を表現してくれないのだが、犬は信頼関係が築かれると惜しみなく表現してくれるからいいよね。

    こんな犬もいたりする。

    保護施設上がりのセラピー犬となったウルフドッグのワイリーは、アメリカ、カリフォルニア州であるおばあさんの介護犬となっていた。ところがおばあさん、ワイリーより先に天国へと旅立ってしまった。

    おばあさんと毎日を共にしていたワイリー。とても頭の良い子なのでおばあさんの死が理解できた。おばあさんの孫がワイリーをお墓へと連れて行ってあげたところ、まるで泣いているかのように悲しそうな表情を見せ嗚咽を上げたという。



    動物を擬人観で見るなとは言うが、どうみても悲しそうに泣いているようにしか見えない。人間は泣きじゃくると過呼吸となるが、ワイリーも過呼吸気味に嗚咽を上げている。

    おばあさんとの暮らしがよほど楽しかったのだろう。おばあさんのお世話をするのが自分の使命であると思っていたのだろう。おばあさんに先立たれたワイリーの悲しさは、親しいものを亡くした人になら通ずるものがあるはずだ。

    孫の女性に頭をなでられながら、お墓に体を預け、その場を離れようとしないワイリー。ワイリーはもともと、捨てられた犬で、ロックウッドアニマルレスキューセンター(LARC)で保護された。この施設ではウルフドッグをセラピードッグとしての訓練を施し、戦争によるPTSDを負った兵士や、高齢者のよき理解者として里子に出している。

    とこのように忠犬ハチ公のように主人のお墓や遺体から離れようとしない犬の話は現代にいくつかあります。

    昔飼っていた犬も自分のことどのくらい信頼してくれてたのかな?って思ってしまう。

    おバカなところもあったが、自分より体が小さな犬や猫には優しくて、猫ともそこそこ仲が良くていい奴だったからなぁ。

    動物との信頼関係が築けないとこうなる。



    子供だから犬にナメられてる?

    いやいや、子供だからってのは関係ないな。

    信頼関係さえ築けてれば、体の大きさや種族も関係ない。



    犬と猫とだって、このように主従関係が築かれてるし。



    逆もまた然り。



    頭がよくて信頼関係が築けてると、このように子供の面倒もちゃんと見てくれるしね。




    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    犬とチーターが仲良く雪の中でジャレあってる動画です。



    この2匹は産まれてから2年間一緒に育ってきたようなので、これだけ仲がいいようです。

    でも相手はチーターだからなぁ・・・

    いつ野生に戻るかヒヤヒヤもんじゃないだろうか?

    しかし大型の猫を飼うってのは、ちょっと羨ましいのも事実だ。

    あの鋭い牙と爪さえなければ、これでもかってくらいモフりたい。



    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    重火器をバンバン撃ち鳴らす屈強なアメリカ軍兵士といえども苦手なものがある。

    それは虫だったりする。



    もう蜘蛛1匹で部屋中ひっくり返してこの大騒ぎ。

    だって、恐いものは恐いんだもんってところか。

    b4f62c7a


    種類にもよるのかもだが、キャメルスパイダーってこんなのもいたりするからね。

    これが部屋にいたりしたら、自分も悲鳴をあげながら卒倒する自信あるぞ。



    人気ブログランキングへ



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ポルトガル沖で撮影されたマンボウのようですが、これはデカイ。



    ダイバーの大きさからすると、タタミ2畳分くらいはありそう?

    畳の大きさで表すのも日本人らしく変だが、海の中をふわふわ漂ってるだけのように見える魚が、あの大きさに育つのも変だろう。

    他の小魚を追いかけて食べる訳でもないし、ふわふわ漂いながらプランクトンなどを摂取してるだけで大きくそだつのだからね。

    しかしなんともマヌケというか愛きょうのある魚ですね。



    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トローリングでカジキ釣りって1度はやってみたいって思いません?

    松形弘樹や梅宮辰三なんかがテレビでやってたりして、ハードな釣りで男心をくすぐりませんか?

    でもこういう動画を見ると、ちょっと萎える・・・



    恐ぇ~よε=ε=(;´Д`)

    90kgもあるカジキが飛びあがってきて襲いかかってくるんだから。

    あの長い角に刺されでもしたら大ケガでは済みそうもありませんね。

    カジキも生き残りをかけて命がけでしょうから必死ですね。



    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スズメバチの巣を除去する作業ってテレビでしか見た事ありませんが、暑い時期に防御服を着て大変な作業ですよね。

    しかも命がけなのですから。

    今回はニュージーランドの作業の映像です。



    日本だと煙でおとなしくさせたり、蜂を掃除機で吸って少なくしたりと、危険度を少なくするための工夫を凝らしてたりしますが、ニュージーランドではダイレクトに真っ向勝負で挑んでますね。

    そりゃあ蜂の巣を突くの諺どおりに、蜂が総攻撃してきてます。

    しかもたった1人での作業。

    蜂が日本のオオスズメバチよりは小型みたいですが、これだけの蜂から攻撃されたのでは堪ったもんじゃありません。



    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    人間、いや、生き物全てに言えることだと思うけど、体の構造って良く出来てるよなぁって思いません?

    内臓の機能もそうだけど、骨、特に関節なんか不思議に思う事があるんだけど、どう動いてるのか見てみよう。

    ankle1

    足首

    elbow2



    hand-w4



    shoulder3



    knee5



    神が造りたもうたなんて言わないけど、どうしてこの構造が出来たのか不思議でなりませんね。



    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ただでさえカニは爪という武器を持っているのに、さらに強力な武器を手に入れました。



    カニも調理されまいと必死なのかもですが、これでは迂闊に手を出せませんね。



    人気ブログランキングへ

    このページのトップヘ