実験

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    5

    針の代わりに光センサーが木の年輪の色と質感を読み取り、それをアルゴリズムに変換し、その変化をピアノシンセサイザにマッピングして演奏しているそう。



    木の年輪は降水量や病気、さらには森林火災などの環境条件の変化を記録しており、色が濃くなったり、急成長すると色が薄くなったりと変化しているので、これはまさに自然が作曲した音楽といえる?

    不思議なことに破綻してないというか、充分音楽として成立してるような気がする。

    クラシックとかジャズにこういうのありそうじゃない?w




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    ヴォログダテレビ-7という番組のパベル・グロモフ レポーターが、子供たちと一緒に消防士についてのレポートをしていました。

    彼がネットに三階から飛び降りる体験をレポートしたところ、ネットが回らないよう固定していた部分が外れ、危うく地面に叩きつけられるところでした。



    地面が土とはいえ、三階からの勢いで頭から落ちてたら、ただでは済まなかっただろう。

    咄嗟にネットを掴んだことで緩くボトッって感じで落ちたからよかった。

    そういえば以前、フジテレビでもこんなんあったね。

    窓からスルスル~とゆっくり降りられる避難用具を女性レポーターが実演したら、ストーンとそのまま落ちて足首骨折だかしてたの生放送でやっちゃってたの思い出すw

    レポーターってのも体張って大変だな。



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    5

    ジャイアント・トレバリー(Giant Trevally)通称GTと呼ばれる、正式にはロウニンアジと言う1m以上に育つ大型のアジのことで、その群れの中にマグロを丸ごと1匹投げ込んでみたら怖かった!



    肉の塊をピラニアのいる川に投げ込んだみたいになってるじゃないか!

    何だこれ?

    ゆっくり泳いでいると思ったら、マグロが着水する前に一気に動きが変わってるし、こんなに獰猛な魚なの?

    アジなのに?

    釣り師の夢、憧れのGTとか話は聞いたことあるが、こんな魚だったのかぁ。

    こりゃ凄いわ。

    ここに人間が落ちたらどうなっちゃうの?




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    男性は木の板に従来のガラス瓶を打ち付けるために、大ハンマーを使用し実証してみました。



    怖い怖い怖い!

    なんか失敗して割れたガラス瓶の破片が飛んできそうな予感がして、見てるだけで怖いんですけどw

    しかしうまい具合に中心を叩けたようで、瓶は見事に板に打ち込まれた。

    瓶の横っ腹をハンマーで叩いたりすると、簡単に割れてしまうけど、縦方向にはかなりの強度があり期待はしたが、ここまで硬く強かったとは驚いた。

    しかも薄い板ではなくて、けっこうな厚みのある板だもんね。

    真似するおバカはそうそう居ないと思うけど、これ、ちゃんとゴーグルや防護面するとかしないと。

    目に破片が飛んできたりしたら危険だぞ。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    北京の研究者が、キーレスエントリーシステムを搭載した車は、2つのトランシーバを使用するだけで盗むことができる事を実証しています。

    車の盗難に使った2つのトランシーバーは各$11(約1200円)ほどと、およそ30秒の時間を要しました。

    それぞれのトランシーバは車に近いことと、オーナーの持っているキーの傍に居なければなりません。

    しかしそれだけのことで車のドアを開け、エンジンを始動し、動かすことができました。



    えぇぇぇ~・・・

    こんなオモチャのトランシーバーでって、これは驚いちゃうな。

    これはキーの発してる信号をトランシーバーで拾って、車側で待機してたトランシーバーに飛ばしてることで車の全制御が解除されてしまうってことか?

    これはちょっとマズいんじゃないか?

    たぶんトランシーバーの電波が届かなくなった所でエンジンが停止したりして車は止まるんだろうけど、すぐ近くにキャリアカーとか待機させておけば積んで行かれてしまうよね。

    こんな簡単に信号を盗んでしまえるってことは、すぐにこの受信した信号を記録して発信し続ける機械とか作られて、そのまま走って行かれる可能性が高いよね。

    キーレスエントリーは便利だけど、こんな落とし穴があるとは、これは怖いな。

    キーから勝手に信号を発しないように、手動で電源を切るとか、すぐに自動車メーカーはそんな対策品を出すが必要があるかもだ。




    このページのトップヘ