乗り物

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    幅寄せされたとか、進路妨害されたとかなのだろう、自転車がタクシーに文句を言ってることで、カッとなり体当たりしたのだろうけど、幸い自転車乗りにケガはなかったようだが、場合によっては死んでたかもしれない危ない行為なのは確かだ。

    自転車乗りも「あなたは刑務所に行っています。それは暴行です。」と言ってるようで、目撃者も誰もタクシーを擁護できないですね。

    現在警察で詳しい事件の調査をしてるそうだが、これじゃタクシーの勝ちようがないだろうな。


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    ここまで凄いと日本のラッシュアワーなんて可愛く見えるな。

    これ、降りたい人は絶対に降りることできないだろ?

    馴れてるインド人は、この中でも降りることできるのかな?

    乗るのも降りるのも命がけとか、こんな列車は嫌だ。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    乗って楽しいエレクトリックジャガーは、ハイパワーサイクルから2100ワットのモーターとコントローラを有しており、強力なハブモーターはサーフブレイク、またはスキーリゾートの緩い地盤と困難な地形に高速であなたを運ぶために設計されています!

    標準機能とパフォーマンス

    ハイトルク、3相ハブモーター
    わかりやすい速度と、消費電力とバッテリーの状態のデジタル表示とスロットル制御
    砂と雪の中でトラクションとコントロールし易さのためにファットタイヤを装備
    すべてアルミコントローラとバッテリーケース
    スピードは電子的に毎時20マイル(32キロ)に限定されています

    2




    この武骨なデザイン好きだな。

    アシスト無しでこの太さのタイヤだと、もの凄い抵抗になってしまい、漕いでてウンザリしてしまうだろうが、この太さのおかげで砂浜や雪のゲレンデでも電動アシストでスイスイ進めそうだ。

    ハンドルのリンクも面白そうだし、一度乗ってみたい自転車である。


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    ジープたるものは、やはりこれくらいシンプルな造りがいいね。

    シンプルなだけに壊れ難いだろうし、壊れても僅かな工具だけで修理できそうなところがいい。

    今の車のように、何でもかんでも電子制御とかになってると、コンデンサー1つパンクしただけで動かなくなったりするし、箱を開けてもどこが悪いのかさっぱり解らなくて完全にお手上げでは、いざという時に役にたたない。

    しかしロシア人とはいっても、さすが士官候補生ともなればいい加減じゃないのだな。

    でもこれだけシンプルなジープでも、作業後を見るとボルトの2個3個付け忘れてて、やっぱりロシア人だったかぁ~ってロシア人らしい鉄板ギャグもかましてほしいような気がするw


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    香港の超高層ビルだそうだが、他のビルがあんなに小さく見えるとか、どれだけ高いビルなんだ?

    ダメだ・・・

    映像見てるだけでキューンと股間に鈍い痛みが襲ってくる。

    短い映像ながら、破壊力のある映像だ。


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    海外の暴走族は直管で爆音ではないけど、好き勝手に走り回るのがメインみたいですね。

    しかし歩道を走ってた奴が信号機に引っ掛かり、ポールもバイクも倒れてしまい、さらにそれに引っ掻かる奴がいて、いい感じにおバカです。

    こういうのも迷惑だが、日本の珍走団みたいに音ばかりで、なかなか先に行かないのも迷惑なんだよなぁ。

    嫌いってほどじゃないけど、さすがに寝てるときに来られると五月蠅いんだよな。

    珍走団がいるような田舎ですが、何か?


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1908年のモータースポーツの黎明期から今日に至るまで、ヘルメットも進化したもんですね。

    今のレーシングヘルメットでは空力要素、空気供給システム、ストローを備えていて、無線通信システムを持っているし、むち打ち症を防止するために大規模な首の拘束具に固定されているとか、頭部を守るってヘルメットの役割を存分に進化させてますね。

    何よりも見た目の形がカッコよく、カラーリングもカッコいい。

    バイク用のヘルメットでも、誰それモデルとかがあり、けっこうなお値段するのだから、車用のはもっとしそうだ。





      このエントリーをはてなブックマークに追加


    LAのバトンルージュで大雨のために発生した洪水で土曜日の午後に起こりました。

    みるみる沈んでいくロードスターだけど、オバちゃん、パニック起こしててドアロック解除とか、レバー2つ捻るだけで屋根が開くとか完全に忘れてて、脱出できなかったみたいだな。

    この人たちがいなかったら犬と心中してるとこだった。

    しかし大雨による洪水ってのも舐められない規模だな。

    日本も大雨による被害はあったけど、ちょっとアメリカの方は規模が大きいし多くない?






      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20


    水中カメラマンのブランディミューラー31歳によって写された一連の写真は、南太平洋のマーシャル諸島の近くで第二次世界大戦中の戦闘機のF4Fワイルドキャッツ、B-25ミッチェルメディア爆撃機、ダグラスSBDドーントレス急降下爆撃機たちの墓標であり、F4Uコルセア、カーチスC-46コマンドーは、130フィートの太平洋の海底に70年間の沈黙してきました。

    今日は終戦の日ということで、日本人からみたら敵の飛行機ではあるが、戦争に関したものであり、敵対した相手ではあるが、同じく戦争の中で自分たちの正義を信じて死んでいった英霊たちの静かなる眠りを祈ろうと思う。





      このエントリーをはてなブックマークに追加


    自転車をチェーンで繋いでおいても、木を切り倒してまで盗むってんだから驚きだ。

    妙に馴れてるし、ノコギリまで用意してるってことは、それ狙いの常習犯で、こいつのせいであちこちの街路樹が切り倒されてるってことだな?

    スクーターで来てるのに、どうやって自転車持って行くんだ?と思ったら、スクーターの後ろに乗せて颯爽と立ち去るとか、完全な常習犯ですね。

    こんな奴らが大量に日本に入って来てるんだぜぇって思うと途方に暮れそうだ。

    しかしこの大胆というか大雑把な手口にも驚いたが、この監視カメラ映像を見てる周りの声が怖すぎるだろ。

    まるでキツイ取り調べを受けてるか、拷問でもやってるんじゃってくらい激しい言葉が聞こえてて、ついついそっちに意識が行ってしまうw


    このページのトップヘ