ワールド

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    これなら飽きずに鍛えられる?

    動画では担ぎ上げてるのも女性だが、これだけスクワットできるなら凄いね。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    インドネシアのアリヤPermanaは10歳で192キロの重量があることが報告され、世界で一番太った子と呼ばれています。
    彼の重い体は、歩いて学校に通うことも、彼に合う服を見つけることもできません。
    インドネシアのArawangリージェンシーにあるCipurwasariの村にいるアリヤは、2歳の時に急速に体重が増え始めました。
    初めは彼を健康な子供と考えられ、姿について満足していたが、年が経つと彼の食欲と体重が制御不能になったとして、彼らは何かが間違っていたと実感し、彼は医師の診察を必要としていました。
    彼らはいくつかの医師に診察してもらったが、その誰もが体重の他に異常が見つけられず、彼らは助けを必要と思った場合は大きな病院に行くように両親に言いました。

    少年の父親アデは言いました。
    「私は高価な病院代を払う余裕はありません。しかし、私の息子を見てほしいです。」

    6


    アリヤPermanaは絶え間なく飢えていて、伝統的な大豆のパテ - 米、魚、牛肉、野菜スープとテンペからなる特大の食事を1日に5回します。
    彼の母親Rokayah Somantriは彼の食事の一つが完全に成長した大人を養うために十分以上なカロリーであると言います。
    192キロのアリヤは、支援なしで歩くことができない子供たちと同じ学校に通います。
    彼の両親は彼に合う服を見つけることができないので、ほとんどの時間は腰の周りを包む大きなサロンを身に着けています。
    少年はまた呼吸困難も持っており、簡単に呼吸を助けるために頭を壁にもたれかけて眠ります。

    7


    少年の父親アデSomantriは、月に約$ 135を稼いでいますが、アリヤが希望するすべての食品を購入するのに十分ではなく、時にはお金を借りることがあります。



    成長ホルモンの異常とかですかね?

    本人が我慢できなく我がままで食ってるわけじゃないでしょうし、悪気があってこうなってるんじゃないのだから難儀です。

    しかし縦にも横にも大きくなってて、両親も大変そうです。





      このエントリーをはてなブックマークに追加
    new-yorkers-vs-the-subway-the-pa-690x406


    すべてのニューヨーカーは逃した列車の痛みを理解しています。

    これは、腸が痛む経験です。

    今、世界は私たちの痛みを共有してもらいます。



    駆け込み乗車は危ないのはもちろんとして、それ以前に、嫌がらせのようにドアを閉めてないか?

    なんか普通に待ってて乗車しようとする人まで乗りきれずに〆出されるとか、もう故意にしてるとしか思えん。

    その証拠に0:53あたりの綺麗そうなお姉さんはわざわざドアを開けて乗せてあげてる(笑)

    それ以外は容赦ねぇ。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    inr0VGD


    今の状況じゃ本当にこういうことやりかねない?

    でもこれくらいしないと移民や難民の流入を防ぎきれないだろうな。

    どうなる、イギリス?

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    この方法の方が、いつこられるか解らないから恐くないか?

    でもお父さんとの、いい思い出になるかもね。

    そんな方法は嫌だって拒否しない、明るい娘だからよかった。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    一見なんの変哲もないATMのように見えるが・・・



    カードの差し込み口とまったく同じ形した、一回り大きい物が被せてあり、そこをカードが通過することでカードの情報が全て移されスキミングされてしまうとい寸法。

    一回り大きいだけで違和感が無いのだから、これは気がつかないな。

    う~ん、これはサムスンってだけで怪しい。

    あいつら昔から500ウォン硬貨を加工して500円のふりして自動販売機を荒らしたり、こうした犯罪ばかりしてるイメージが強いからなぁ。

    メーカーと犯罪組織がグルでやってても、全然疑問も違和感もないぞ。

    うっかりしたら国家ぐるみでやってても納得できたりする?

    まあ北と遜色ない国だからなぁ。








      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    2
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    19
    21


    うちでも雨で強風の日に木がバキバキ~と折れたことがあるが、道路側でなく庭の方に倒れてくれたからよかった。

    まあ翌日はチェーンソーで切って後始末するのは同じだったんだけどね。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    50p11qxh


    人によってはペットを連れてるように見えるんだろうね。

    ましてや奴隷制度をしていたアメリカなどでは、微妙すぎて笑えないってか、敏感になっちゃう部分だろう。

    日本ではどうなんだろう?

    以前やっぱりペットみたいだの何だの言ってるの小耳に挿んだ気がするが、個人的には子供用のハーネスは大賛成なのだが。

    なにせ子供が興味を持ったものにダッシュでもかまされた日にゃ、ちょっとすぐには捕まえられないし、それが混雑した店の中や道路だなんてゾッとする。

    車を運転してる時だって、親子連れなんかいて子供ミサイル発射されたら堪らないから、繋いでおいてほしいと思っちゃうもんな。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    何回見ても、どうやってるのか解らない。



    ガムを口の中で形を整えてるのだろうけど、どんな形なのか解らない。

    飛ばしたガムを口でキャッチするのも100%の確率でやってのけてるし、自慢できるような、情けないような、なんか微妙な技ではある。

    でも話題になってテレビにも出られたようです。



    変なことで有名になってしまって、彼女自身も微妙なようだ。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    獲物をロックオンしてるぞ、おい。



    ほんの隙を衝いて拳銃を奪おうとし、テーザー銃で痺れていようとも暴れる容疑者。

    アメリカの警官が逮捕するときに過剰な暴行があっただのが、たびたび問題になったりするが、中にはこういう奴がいるからしょうがないんじゃないかなと思う。

    警官だって人間なのだから、撃たれたり刺されたりなんてしたくないのだから、反撃する余力が無くなるまで弱らせたいのが正直なところだろう。


    このページのトップヘ