ミステリー・オカルト

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3C0

    娘が家で起こる異変を父親に訴えたことで、部屋に監視カメラを設置したところ、一人で遊ぶ娘の側で、頭がゆっくりと動く人形の姿や、ぬり絵で遊んでいたらテーブルの上の紙やペンケースが暴れる異常な光景が撮影されました。



    おわかり頂けただろうか?

    非常に解り難かったが、頭がゆっくりと動く人形など、ぞっとしてしまった。

    テーブルの上で起こる異変で娘が逃げ出すなど、この映像がどこの国で撮影されたのか明らかにされていないそうだけど、これは怖いだろう。

    こういうの滅茶苦茶に弱いですorz




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ミシガン州に居住してるJason Robinsonは、最近、Vestaburg町のパイン川に浮く不思議なものに気がつき、車の外に出てみたら、そこには回転する氷の円盤があり、それは地元の人々を困惑させました。



    別角度からの映像。


    同様の氷のディスクは、ニューヨーク、スカンジナビア、ウェールズインチなど世界中で発見されて目撃報告されているそうで、この現象が起こる原因は回転剪断として知られているそうです。



    剝がれた氷が偶然そこに留まり、川の流れで回転しながら、さらに育ち、削れながら完全な円になっていく仕組みなようだが、こんなのを初めて見たらミステリーサークルか何かだと思って焦っちゃうよなぁ。

    仕掛けを知ってしまうとミステリー感がまったく無くなってしまったが、大きなものだと16メートルの円盤にもなるようなので、そういうのは見てみたいものだ。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1




    ほとんどのMacBookの所有者はノートパソコンの裏蓋を開けたことはないだろうが、時々中からアメリカのコインを発見した人もいます。

    これは2010年に遡るころからあるようで、上記のビデオでは、Greg Kilpatrickという所有者が自分のデバイスで見つけた様子を見せてくれました。

    2
    3

    2013年にカナダでは、ドライブの内部に閉じ込められたコインの写真をMacの噂として投稿されました。

    4


    奇妙なミステリー?

    これはいったい何のためなんだろう?

    思いつく理由としては筺体との隙間を埋めて振動を防止するとか、ヒートシンクのような役割で熱を放熱させるためとか、そんなことを想像してみるけど、そうだとしたら全部の製品に入っていないとおかしいな?

    自販機の当たり付きって、飲み物を買うと、たまに缶の裏に10円が貼られてたのがあったけど、そんなノリだとか?w

    工場の人が、こうした噂になるのを待っていて、「これやったの俺w」ってほくそ笑むために仕込んだ?

    MacBookのオーナーの人は、試しに開けてみる価値があるかもしれないw


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    ロンドンのウェスト・ノーウッド墓地の地下にある奇妙なカタコンベは、この地域で最も秘密となった一つです。

    死んだ人々が入れられた棺で満たされた、地下トンネル内の奇妙なコレクションは使われることも無くなり、一般に公開されることも滅多にありません。

    1837年に遡る歴史を持つこれらは、ゴシック様式がピークとなったビクトリア朝の英国を代表しています。

    2
    3

    19世紀は英国の首都の大きな変化の時でした。

    この時代には、都市を襲ったコレラの流行を終わらせるために、先駆的な下水道システムが作られました。

    ロンドンの慢性的に混雑していた墓地を清掃するなど、施設に対する衛生への運動も含まれていました。

    やがてこれらの敷地は使われなくなり、世代を重ね忘れられ、今は腐敗して荒れ果てた姿で、病気が流行していた恐ろしい時代の記録を残しています。

    4
    5
    6

    壮大な七つの墓地として知られているこのビクトリア朝建築のカタコンベは、ロンドンの人々が死者を扱う方法を変えました。

    ウェスト・ノーウッドのカタコンベには、棺を下ろすための油圧式のリフトが設置され、衛生設備の改善がされるなど、死者への尊敬の念がみられます。

    7
    8
    9

    さらに詳しい情報:コンスタンチンバインダー

    これらの画像は、写真家のコンスタンチン・バインダーがウェスト・ノーウッドのカタコンベの公式ツアー中に撮影したものです。

    10
    11


    カタコンベといったらイタリアやフランスが有名だが、ロンドンにもあったのですね。

    同じヨーロッパなのだから似た文化があるのは当然といえば当然か。

    しかしイタリアの観光名所となっているカタコンベと違い、こちらは使われなくなった当時からそのまま放置された荒れた姿で、不気味な凄味はこちらに軍配が上がるな。






      このエントリーをはてなブックマークに追加


    タイトルに「Okinawa」となってるが、実際はサイパンだとコメントで指摘されているね。

    こういう動画は、本物だ、フェイクだ、と論争になるのはどこも同じみたいだ。

    中には「アディダスを履いた80年代の人だ」ってウィットに富んだコメントがあったりもするなw

    UFOもそうだが、こういう心霊関係も大好物だから、これ見た時はゾッとしたよ。

    動画UPされたのが2007年ってことで、10年ほど前は今のように個人でCG作ったりは難しかっただろうしなぁ。

    本当はどうなんだろうね?


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    最近発見された不思議な映像は、明るいプラズマのような青色のワームホールに、到着したり地球を離れる未確認の飛行物体を映しています。

    この映像は嵐の日にアリゾナのどこかで撮影されたと言われています。

    「アリゾナ州は、UFOとエイリアン基地の有名なホットスポットなので、その地域に存在することの実質的な証拠を得られたと考えられています。 これは地球を離れる際に、雲を突き破って外に出るエイリアン船です」とUFOの目撃情報が寄せられています。



    これは何だろう?

    ミサイルやロケットの実験なら、煙とかあるはずなのだが、これは光だけだし、ゆっくり吸い込まれているように見える。

    CGで作ったフェイクだって片付けるのは簡単なんだけど、なんとも言えないな。

    自分はUFO信じる派なので、こういうのわくわくするんだけどねw


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    写真家のヤンボンムワインによって撮影されたこの建物は、放棄された解剖学研究所であり、死者の死体が科学と学習の名のもとに、医学生によって切り分けられた場所です。

    2

    3

    遺棄された大学の建物には、冷たい金属の解剖台や、生徒という観客の前で解剖しながら死体を示唆する講義劇場があり、授業が行われたことに何ら疑問を残しません。

    4
    5
    6


    猟奇的な殺人が行われたとか、そういったいわくつきの場所でないにも関わらず、解剖台など普通の廃墟には無いものがあるだけで、妙な迫力というか凄味というか、独特な雰囲気を持っていますね。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    サナダムシは、その宿主を介して栄養分を吸収する寄生虫です。

    人々はサナダムシが蔓延った生の牛肉、豚肉、または魚を消費することによって寄生されます。

    ほとんどの場合、サナダムシは動物の腸に住んで発見されているが、このオーストラリア人の鼻腔に居を構えたサナダムシの存在に医療スタッフは驚きました。

    医師がピンセットでサナダムシを掴んで引き始めると・・・と引き・・・と引っ張っ・・・

    この男の鼻に住む寄生虫は5フィート(約152センチメートル)以上の長さでした。



    ギャーーーー! お・おえぇぇぇ~!

    同時にきそうだぜぃ orz

    ほっしゃんの鼻うどん芸?

    「あぅっはぁっはぁっはぁっはぁ~」って情けないうめき声をあげてしまうのも無理はないなw

    本当に珍しい症例なんじゃなかろうか?

    しかし、これどうやって発見したんだろうか?

    鼻の感じが変だって病院に行ったら見つかったのかな?

    それとも鼻水をかんだつもりが変なのがズルッと出てきて発見されたのだろうか?

    どっちにしても嫌だなw






      このエントリーをはてなブックマークに追加
    5

    オーストラリアのウィルナ峡谷に位置するヴァルデック鉱山は、高い森林渓谷の奥深くに位置しており、150年以上前に建てられ、かつて活況を呈した金鉱山でした。

    そこへ新しく手に入れたTN12ハンドヘルド懐中電灯の性能テストと、坑道のレポートを文書化する目的で入ったところ、外国語での部族の呪文のように聞こえる何かが耳に・・・

    問題の音は12:20辺りから始まります。



    確かに呪術の呪文を唱えてるような、不気味な何かが聞こえてきます。

    あなたには、どんな風に聞こえてますか?

    風や大地の音?

    結局、音の正体は解らないけど、怖すぎだろ。

    それにしても、この坑道の古さだけでも、いつ崩れてくるか解らなくて、怖くて入る気しないぞ。

    しかし外国人の動画って、ずぅ~~~っとベラベラ喋ってて鬱陶しいわぁw

    しかも1人で喋り続けてるんだぜw

    まあ物語性を高めようってのと、自分は頭がいいんだぞってアピールしたい魂胆なんだろうけど、少し静かにしろって言いたいw




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    その①
    4

    最初は不安定だが、夜遅く遊園地内を散歩する人の形のように見える幽霊のような存在が見えてます。



    その②
    7

    別のビデオは、城の櫓の上から花火を見ている幽霊を示しています。



    その③
    6

    そして、タワー・オブ・テラーで遊んでる幽霊が見えています。



    あれ?

    3番目の動画のスクリーンショット撮ろうとすると、うまく作動しなくなって撮れなくなるんだけど?

    4回目でやっと撮れたんだけど、もしかして霊障とかってやつか?


    信じるか信じないかはあなた次第です。

    よく言われるのが、廃墟などの静かな場所を住処に集まるとか言うけど、さすがアメリカの幽霊は陽気で明るいのか、夢の国が好き?

    アトラクションの列に待つことも並ぶ必要も無いし、当然ただで乗り放題だしなw


    このページのトップヘ