ミステリー・オカルト

    8

    4月25日、23歳のハンナ・シモンズ(Hannah Simmons)は、9ヶ月になる彼女の娘アランナ(A’lannah)と、彼女の親友ローレン・ブータウ(Lauren Buteau)とジョージア州でドライブをしていて事故を起こしました。

    悲惨なことに、その事故で3人すべての人生を失ってしまった。

    仕事場に向かっているアニ・サ・ギャノン(Ani sa Gannon)という若い女性が、事故の影響で仕事に遅れていたので、救急車や消防車や警察の車両が揃っている写真を撮って仕事に遅れた証明として、彼女の上司にその場面を見せていました。

    ギャノンの叔母タラ・ノーブル(Tara Noble)が後でその写真を見たとき、彼女は真ん中に輝くオーブのような、空にまっすぐ進む光があるのを指摘した。

    彼女らは天からの印であると信じて、悲惨な事故の後に残された遺族たちにそれを見せることにしました。



    光の反射か何かがレンズに写り込んだとか、そういう事で片付けられることなのかもしれないけど、悲しみに暮れる遺族には、天国からのお迎えで天国に行けたんだと思えれば癒しになるだろうね。

    宗教とか関係ないし、まったく関係のない赤の他人だけど、なんとなくこういうの信じたい気持ちになるな。


    2

    中国の女性が10日間も鼻血が出続け痛みのために、最終的にシェンワンの病院に5月9日に行ったところ、医者が鼻孔の内側にヒルがいるのを見つけ驚いた。

    医者が3インチ長のヒルを見つけ、それを取り除いたときの映像です。



    うげぇぇぇぇぇ~!

    原因は数か月前に山を流れる川で顔を洗ったときに、鼻の中にヒルが入り込んだのではないかとの事だが、こんなのが入って気が付かないものか?

    想像すると、鼻をすすってもいないのに、勝手に鼻水が出たり戻ったりしてる感覚があったんじゃないか?

    おかしいって気が付くだろw

    気が付かせないほどヒルが巧妙だってことか?

    これは嫌すぎるだろ。


    1

    インドネシアのMaluku州のSeram島の海岸で、地元住民がやや巨大なイカのように見える巨大な動物の死体を発見しました。

    モンスターのボディは滑りやすく、すでに少し分解し始めており、その長さは15メートル、幅2メートルに達しました。

    それは巨大なイカやクジラのいずれかであることが明らかになり、地元住民は、この海岸から死体をクリーンアップしてくれるように政府に訴えました。





    なぁんだぁUMAじゃないのかぁ・・・って最初から分かり切ってたことだけどねw

    こういうのって騙されても騙されても一縷の望みでUMAじゃないのかって思って見ちゃうんだよなぁw

    でもこんな大きなのが海岸に現れたら、やっぱり驚くな。

    しかしよく近付けるなって思う。

    もの凄い臭いしてるだろ、これ。















    4

    4月30日、ルイジアナ州上空でUFOらしきものが発見されていました。

    未知の物体は濃い煙を残し、そして明らかに墜落か緊急着陸をしているように見えました。

    地元メディアは米空軍がUFOを撃墜したのか囁かれたが、当局からこの問題に対してコメントが与えられていないことを述べました。



    また濃い飛行機雲か何かでしたってガセネタだったりするオチじゃないかと思ってググってみたが、日本語でも英語でも、それらしい記事とか見つけられなかった。

    もしかして報道規制され隠蔽された?

    飛行機雲にしてはジェットエンジンの音とかしてなさそうだし、いったいあれは何なのだろう?

    まさかの

    3

    映画「第9地区」みたいな、エビ型宇宙人の保護特区ができたりするのか?

    1
    2
    3


    えぇぇぇぇ~?

    いったい何故、どうやって?

    まだ新しい包丁だし、ビルを作ってる時に仕込んだようにも見えないし、いつどうやって刺さったんだ?

    隣のビルからブーメランみたいに投げたら刺さったのか?

    いやいやいや、普通に考えたらコンクリートに刺さる訳がないなw

    でもそこは中国。

    おから工事などの手抜きで有名なだけに、このビルの外壁も柔らかかったんだろうな。

    って、ちょい待ち。

    そんな柔らかい数十階建てのビルが存在してるって、恐ろしいにもほどがあるだろうって話だ。

    不思議すぎるだろ、中国!


    このページのトップヘ