事件・事故



    これ、観光で楽しんでた人にとっては、本当に「えっ?」ってな瞬間だよなぁ。

    トラックが突っ込んでくるシーンも恐いが、皆がパニックになって逃げ惑ってるところが恐い。

    こんな現場にいたら、どこに逃げたらいいか解らないもんな。

    日本も韓国人のテロリストが来てるし、人が集まる所では油断できないぞ。




    鉄筋や鉄パイプじゃなくてよかったな。

    そっちだったら確実に串刺しになってるとこだった。

    でも孟宗竹も重いから、これは逝ったか?と思ったが、ドライバーも無事なようでなんとか助手席側のドアから自力で出てきた。

    過積載なんて概念が無いのかもだけど、緩い縛り方とか、交通ルールとか、相変わらず無茶苦茶だな。




    グロシーンは無いので安心?してほしいが、大変ショッキングな映像ではある。



    監視カメラを確認している男性の「おう~ん」って声がなんとも切ない。

    しかしこれじゃ1発で死にきれてなさそうだし、余計に苦しい思いしただけのようにも見えるな。

    死ぬのは勝手だけど、これ運転手も嫌な思いしたりするし、人に迷惑かけまくりだな。


    アメリカのコロラド州で、ヘラジカを見ようと車を止めて撮影していた時の映像です。



    なんとも間が悪いタイミングで道路を渡ろうとしてしまいました。

    しかもかなり派手に跳ね上げられていますが、ヘラジカはその後、ゆっくり起き上り森の中に消えて行ったそうで、一応生きてはいたそうですが、あの跳ね上げられ方ではかなりのダメージがあるのではないだろうか?

    もしかしたら、もう生きてはいないかもですが、苦しんでいないことを祈るしかないですね。

    引き留めようにも、あの大きさだし迂闊に近付いて興奮でもして暴れられたら、踏み殺されるか蹴り殺されるかしかねないし、病院に連れて行こうにも車に乗せられないし、現場にいてもどうしようもないでしょう。

    でもあれだけ派手にヘラジカが飛んだにもかかわらず、意外と車のダメージは無いように見えますね。




    撮影しようとしたことに腹を立て、車が出られないようにカートで塞ぎ、抗議に対して足を乗せ不遜な態度とか、だいぶおかしな警備員のようだ。

    どうせクビだって腹をくくったのか、それとも頭に血が登っただけなのか、とうとうカメラを叩き落とし発砲までしてしまっている。

    映像がないけれど、音だけ聞いてても銃の音と悲鳴が怖い。

    当然この警備員は逮捕されたのだが、構図からして、こういうことから人種差別問題とかに発展していったりするんだろうな。


    このページのトップヘ