事件・事故

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    グロシーンは無いので安心?してほしいが、大変ショッキングな映像ではある。



    監視カメラを確認している男性の「おう~ん」って声がなんとも切ない。

    しかしこれじゃ1発で死にきれてなさそうだし、余計に苦しい思いしただけのようにも見えるな。

    死ぬのは勝手だけど、これ運転手も嫌な思いしたりするし、人に迷惑かけまくりだな。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    アメリカのコロラド州で、ヘラジカを見ようと車を止めて撮影していた時の映像です。



    なんとも間が悪いタイミングで道路を渡ろうとしてしまいました。

    しかもかなり派手に跳ね上げられていますが、ヘラジカはその後、ゆっくり起き上り森の中に消えて行ったそうで、一応生きてはいたそうですが、あの跳ね上げられ方ではかなりのダメージがあるのではないだろうか?

    もしかしたら、もう生きてはいないかもですが、苦しんでいないことを祈るしかないですね。

    引き留めようにも、あの大きさだし迂闊に近付いて興奮でもして暴れられたら、踏み殺されるか蹴り殺されるかしかねないし、病院に連れて行こうにも車に乗せられないし、現場にいてもどうしようもないでしょう。

    でもあれだけ派手にヘラジカが飛んだにもかかわらず、意外と車のダメージは無いように見えますね。


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    撮影しようとしたことに腹を立て、車が出られないようにカートで塞ぎ、抗議に対して足を乗せ不遜な態度とか、だいぶおかしな警備員のようだ。

    どうせクビだって腹をくくったのか、それとも頭に血が登っただけなのか、とうとうカメラを叩き落とし発砲までしてしまっている。

    映像がないけれど、音だけ聞いてても銃の音と悲鳴が怖い。

    当然この警備員は逮捕されたのだが、構図からして、こういうことから人種差別問題とかに発展していったりするんだろうな。


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    これは車を運転してる人なら、誰でも起こりえる事故だから恐い。

    撥ねられた子供も起き上ることはできたけど、立つ事ができないようだ。

    腰が抜けてしまったのか、それとも足に重大なダメージがあるのか解らないが、モロに撥ね飛ばされたのだからこうなるよね。

    運転する時は、常にこういう影から子供が飛び出してくることを想定しながら走らないとね。

    ショッキングな映像だけど、こういう映像を子供にも見せて、飛び出しがどれだけ危ないか教えるのも必要じゃないかなって思う。

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    道路に叩きつけられたからだろうか?

    ぴくりとも動かない少女が気になる。

    シートベルトさえしてれば、こんなことにならなかったのかもと思うと、シートベルトの大切さを思い知るね。

    ちょっと移動するだけだからとか思わずに、絶対にシートベルトはした方がいいね。

    特に子供には絶対に着けさせなくてはならない。




      このエントリーをはてなブックマークに追加


    そういやアイスバケツチャレンジなんてアホなことやってた時期があったなと、遠い目をしてみる。

    これは中国語なので、何を言ってるのかさっぱり解らないんだけど、何かの抗議か?

    映像も訳が解らんで、単独で火を被ってるのもいるし、2人で言い争うように被ってるのもいるし、結局何人が火を被ってるんだ?

    流行ってるのか?

    中国人のやることはいまいち解らないな。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    前記事に続き、2連発で牛による事故動画。



    こちらは詳細が何も書かれていなかったので、何も解らないのだが、どこからか逃げ出した牛なのかな?

    近所の人が捕まえようとして、牛の逆鱗にでも触れたのだろうか?

    頭突きで壁に押し付けられたり、角で突き上げられたり、執拗に攻撃されているが、前記事のように死亡はしてないし意識もあるよう。

    でもそれなりの大ケガはしていそうだ。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    人気の闘牛士であったVictoバリオはテレビの生放送のリングで亡くなりました。

    バリオは1985年以来闘牛場で死亡した最初のスペインのマタドールですが、彼の死でスペインの伝統を禁止するかどうかをめぐる議論が再燃しています。



    詳しい情報が書かれていないので、映像からの推測でしかないが、胸の脇あたりから突き刺されて、肺どころか心臓まで達したって感じですかね?

    目を見開いたままぐったりしてるところを見ると即死だったのかなって思います。

    人間と牛の命を懸けた勝負をショーとして見せているのだから、こういう事故はあってもおかしくはないと思うんだけど、これで伝統を終わらせるってのも、ちょっとどうかなって気もするし、形を変えて続けてもらいたいとも思いますね。






      このエントリーをはてなブックマークに追加


    何事も無かったかのように通り過ぎる人たち。

    この人たちの心理状態ってどうなってるのだろう?

    面倒なことに関わりたくない一心なのだろうか?

    せめて警察や救急車など電話するくらいしてもよさそうなのだが。

    こうはなりたくないもんです。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ニューヨーク市のアパートでは、このような問題は当然のことです。
    それは残念ながら本当です。
    強制しない限り市のほとんどの家主は何も修正しようとしません。
    この若い女性のアパートの天井に亀裂が登場した3日後にこれが起こりました。



    ニューヨークには古い建物がたくさんあるでしょうから、いつどこでこうなっても不思議はないでしょうね。

    家主も全部聞きとり面倒みてたらキリがないので、放置してるのでしょうが、これじゃおちおち住んでられない。

    そういえば以前ロンドンに住んでる知人も、上の階の配管が破裂したとかの水漏れで、酷い目にあったなんて話してたの思いだした。

    古い街並みとかカッコいいけど、こうした不具合というかリスクは付き物なんだろうな。







    このページのトップヘ