テクノロジー・サイエンス

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    4

    テオリズ(Theoriz)のチームはクールなものに取り組んでいて、自分たちが取り組んでいる技術をプレビューすることにしました。
    【リアルタイムで変化していくプロジェクションマッピングが凄いやら怖いやら】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    7

    1型および2型糖尿病の人は、インスリンレベルのチェックは日常生活の一部です。

    そしてそれは深刻なストレスを与える可能性があります。

    【糖尿病で血糖値などの状態を、タトゥーを見るだけで判断できるようになるかもしれない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Enantiornithesは約6,500万年前の白亜系時代に生息した鳥です。
    1

    鳥は9900万年の年代の琥珀の塊から発見されました。
    2

    この完璧な標本は鳥の姿を研究者に見せてくれました。
    発見されたこの1つの琥珀からは、この時期の鳥が現代の鳥とは異なり、誕生からすぐ飛ぶことができたのではないかと考えられています。
    3

    この再構成された画像は、鳥を囲む琥珀の中の鳥の姿勢を示しています。
    4

    5

    Hupoge琥珀博物館には、「Belone」という愛称を持つ琥珀の鳥が展示されています。
    6


    すげーっ!

    素人目じゃ全体像がよく解らないけど、羽毛や足はそのまんま一目で鳥って解る形で残ってる。

    こんなの発見した人は震えたんじゃないだろうか?


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    最初のナイトビジョンは、大祖国戦争の初め頃にソ連に登場しました。

    その後、彼らはこれらのデバイスの最初のプロトタイプを見て、船舶や航空機のいくつかによって使用されました。

    1941年、電気工学オフィスのシングルオールユニオン・インスティテュートは、車両に装備することができる最初の暗視装置を開発するだけでなく、偵察のためのポータブル版装置をも作成しました。

    1

    最初のプロトタイプは、ソ連製トラックのGAZ-AAに装着されました。

    運転席には180度の旋回性を高めるのに役立つ二つのループを有する双眼鏡があり、250ワットの強力なヘッドランプは屋根の上にが取り付けられ、人間の目に見えない赤外線のみを通過させるフィルタを通して照射され、光は電気光学変換器双眼鏡で読み取り、画像に変換しました。

    電力システムは、車内に搭載されたバッテリーから提供しています。

    2

    視認性は30メートルに限られていたので、運転者は、毎時25キロの速度で暗所を走ることができました。

    3

    偵察のためのポータブルバージョンは、小型で同様のシステムです。

    装置のストラップおよびブラケットで体に固定し、その合計重量は10キロを超えません。

    それは双眼鏡、と背中に背負ってるバッテリーを設置し、胸には12〜15 Wの自動車用ランプで照射されるスポットライトでした。

    4


    ソ連時代の化学は様々なぶっ飛んだ発明していたけど、今の軍や警察などで使われて、無くてはならない装置のナイトビジョンってそんな昔のソ連で発明されていたんだね。

    最初のポータブルタイプも、思ったよりは軽く出来ていて驚いた。

    昔のことだから、機械部品ももっとごちゃごちゃ付いてたりして、総重量が30キロ台あるとか思っていたw

    大祖国戦争っていうのが解り難いが、第二次世界大戦のうちソビエト連邦がナチス・ドイツおよびその同盟国と戦った1941年6月22日から1945年5月9日までの戦いを指しており、「大祖国戦争」と「第二次世界大戦」とでは指す範囲が異なっているってことで、第二次世界大戦って括りではなくて、ソ連やロシアでは大事な意味があるようだ。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    英国ブレッチリーパークにあるコンピューティングの国立博物館であるThe National Museum of Computing(TNMOC)には、世界最古のコンピューターがあります。

    高さ2m、重さ2.5トンのこのリレー式コンピュータのハーウェルコンピュータ「Harwell Dekatron」は「WITCH」とも呼ばれ、1951年に開発され、1952年から1957年まで稼働してました。

    828個の計数放電管(Dekatron)と480個のリレーのほか、多数の紙テープ読み取り装置を備えているハーウェルコンピュータは低処理能力でしたが、性能を保持し高い信頼性で有名でした。

    それを3年かけて復旧させて、再起動されています。



    リレーが切れたり繋がったりしてる音なのかな?

    カチャカチャと忙しなく音がして、豆電球やらがたくさんチカチカしてて、これがコンピューターだぁっ!って言わんばかりの堂々とした姿にシビれるぅ~。

    LEDの冷たい光が1個2個光ってるだけの今のコンピューターと違い、アナログの温かみが感じられていいね。

    でもこれだけ大きくても電卓くらいの処理能力しかなかったりするんだろうな。

    しかしこれが現在のノーパソやタブレットやスマホに繋がる原点なんだろうな。



    このページのトップヘ