テクノロジー・サイエンス

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    セバーン橋は英国で最も象徴的なエンジニアリングの驚異の一つで、強風との闘いへの鍵はそのユニークなブリッジデッキ形状です。



    うん、理屈は解るんだ。

    でもこれだけ大きな物を設計できること自体が凄いことじゃない?

    大量の車が乗っても大丈夫な強度を持たせたりとか、こういうの設計できる人の頭の中ってどうなってるんだ?って思ってしまう。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    doomsday-seed-vault




    スターウォーズに出てきそうなこの施設。

    北極圏のスバールバル諸島でのロングヤービーエンの近くスピッツベルゲン島で、ノルウェーの島らしく北極点から810マイルほどの距離にあるらしい。

    現在は農作物の約150万の異なる種子サンプルが保存されているとか。

    参加国の数によりますが、施設は450万を保存するだけの能力を持っているようです。





    植物がいなくなると、人間どころか動物たちも生きてはいけないですもんね。

    「肉を食べればいいじゃない」なんてマリーアントワネットみたいなこと言ってる場合じゃない。

    その肉になる動物も食べる餌となる植物が無ければ成長しないのだからね。

    このところ戦争だ、テロだと、物騒なことが多いし、地球もいつ何時どうなるか解らないのだから、こういった種の保存は大切だよね。







    このページのトップヘ