1

あなたのクローゼットよりも小さいケージの中で暮らし、無数の健康問題がありました。
救助隊員はこれらの動物の命を救い、安全な場所に移動するための努力をしており、彼らは最近タフィーと名前の1頭のクマを救出する機会があり、彼らはクマを拷問から解き放ち、聖域に連れて行きました。

これは回復したタフィーを外に出した、最初の彼の反応でした。



訳も解らずに横っ腹に穴を開けられ、管を着けられ、狭い檻に閉じ込めて、死ぬまで胆汁を絞り取られてただろう環境から解き放たれ、本当に嬉しそうに自由を謳歌してるように見える。

まあここだって檻の中で、本当の自由ではないだろうけど、今までと比べたら痛い事をされないし、自由に動いて遊べるのは天国のように感じるだろう。

問題なのは、まだ他にもこうした熊がたくさんいることだな。