1

アンドレア・スターリース(ニューヨーク出身のドキュメンタリー写真家)はインドネシアに1年近く住んでおり、避難所、学校、病院でたくさんの写真を撮っています。

彼女によれば、地元の精神病院で出会った患者の多くは正確な診断をされておらず、精神障害が明らかではありませんでした。

この病院に2年以上住んでいるエヴィが幻覚を見るのを経験し始めたとき、彼女はまだ15歳でした。

それから彼女の家族は宿泊費を支払い続けてここにいます。

2

政府による発表では約600〜800人の精神科医がインドネシアで診療しています。

インドネシアの地方および地域の当局者は、ヘルスケアシステムに深刻な欠点があることを認識していますが、既存の病院および民間の認可された避難所の重要性を認識しています。

しかし伝統的な祈祷師などは、今でも全国的に人気があり、メンタルヘルスの選択肢であり続けています。

インドネシア人にとっては、魔術や呪文の方が彼らの健康を救うと信じられ、費用もずっと安くなります。

3

記事中の写真のメディカルコンプレックスは、インドネシアで認可された政府機関で、このセンターはジャカルタ郊外にあります。

ここでは、宿泊費を払えない最貧の患者でさえ受け入れられます。

センターは、地方自治体から2か月分の米、麺、植物油を充分に援助されていますが、薬による治療や提供はここではされていません。

4

センター長であるJasonoは、ジャカルタで異常者の治療方法を学び、それ以来、男女に区別なく水を噴霧し、特別なハーブドリンクを提供し、それが彼らが癒されるのを助けると確信しています。

4年前、アリスという女性が24歳のとき入ってきましたが、昨年、この女性の両親は亡くなり、今では完全にセンターに依存しています。

5

この施設には今、精神障害に苦しむ約200人の若者がいて、武術のトレーニングと生薬が治療の中心です。

6

このセンターでは、人々はケージの部屋に閉じ込められ完全に隔離されており、家具や服はありません。

7

多くの男性と女性はケージの部屋に入り、いかなる状態でも外界とアクセスできません。

メタという女性は精神障害で連れてこられましたが、問題は彼女が薬物を使用していたという事実によって複雑になりました。

8

メタは8年間、個別の部屋に入ったことはなく、大きなケージの部屋で他の女性と住んでいます。

マフトゥカはうつ病に苦しんでいます。
9

夫が別の女性と結婚するために、彼女を捨て去った後、彼女の様子がおかしくなったことで家族がここに連れてきました。

これは珍しいケースですが、この少年は大人たちに混じって治療を受けています。

10

センターのスタッフは、緊急事態に対応するための訓練を継続的に受けています。

11

12

13

14

15

グデは、バリ島の人里離れた村にある母親の実家で、納屋の柱に鎖で繋がれていました。

16

ムスラファは主要な治療者で、Acromaという名前の25歳の患者をどのように洗うかを示しています。

17

25歳のディディナは、祈祷師からの治療を受けています。

18

彼がする儀式は昼も夜も続きます。

参加者はハーブドリンクを飲み祈り続けます。

これは最終的に彼らが催眠トランスに入るのを助けます。

19