1

有名人が所有していた車は非常に高価になる可能性があります。

アメリカの会社Celebrity Cars Las Vegasは、かつて伝説的なマフィアのボスであるアル・カポネが所有していたキャデラックを売りに出しました。

アル・カポネが所有していた1928年製のキャデラックV8 341-Aタウンセダンは、歴史上で最初の装甲車両の1つであると報告されています。

伝説によると、アル・カポネは地元の自動車部品店で車体に装甲板を取り付ける作業に対して個人的に支払い、合計で重量約1360 kgのアスベストで裏打ちされた鋼板が車に取り付けられました。

また車には、厚さ2.5 cmの防弾ガラスが付いていることも確認されました。

2

いくつかの改造は、保護目的だけでなく攻撃することも目的としていました。

特に、リアウィンドウは折り返して、トンプソン機関銃で追跡者を攻撃できるようになっています。

3

トリックはこれで終わりではありません。

車は地元のパトカーの色に塗られており、サイレンと非常灯までが乗っていました。

その結果、マフィアの団員は法執行官に成りすましやすくなるだけじゃなく、彼らの主要な敵のすべての動きを事前に知るために、警察の無線機までが車内に設置されていました。

4

もちろん、チェイスからうまく逃げるには、特に重量の増加を考えると、追加のパワーが必要でした。

5.6リットルの容量を持つブランドV8がブーストされたため、最高速度は177 km / hに増加しました。

4

もちろん、追跡からうまく逃げるには、特に重量の増加を考え追加のパワーが必要でした。

約5.6リットルの排気容量を持つV8エンジンはパワーアップされ、最高速度は177 km / hに達することができました。

5

このキャデラックは1931年にアメリカ政府によってマフィアから没収されました。

1941年12月、日本が真珠湾攻撃を行った後、アメリカ大統領の警備員がフランクリンルーズベルトをホワイトハウスに送り届けるために、この装甲セダンを使用しました。

6

50年代に入り車は修復されました。

この修復作業中に、装甲の一部といくつかの追加ユニットがそこから除去されましたが、防弾ガラスはそのまま残されました。

7

ギャングのボスと、米国大統領が乗ることができたユニークなカスタムカーの販売価格として、彼らは100万ドルを求めます。

8

アル・カポネ(1899~1947)はイタリア系のアメリカのギャングで、1920~1930年代にシカゴのエリアで活動しました。

1931年7月、カポネは連邦裁判所に出頭し、1932年5月、脱税により懲役11年の判決を受け、1939年に彼は釈放されました。

1946年、彼の担当をした精神科医は検査を実施し、カポネには12歳の子供のような精神と知性があると結論付けました。

1947年1月、彼は脳卒中の後に亡くなりました。

9


画像をクリックすると別タブが開き動画が開始します
10