1

台湾の女性が飼っている犬が、パスポートをビリビリに噛み千切ってしまったことで、コロナウイルスの影響を受けている中国武漢市への旅行を断念せざるを得ませんでした。

2

Facebookユーザーの女性が1月13日月曜日に、ボロボロになったパスポートの写真を共有しましたが、今ではそれを見た誰もが彼女を幸運だと考えています。

この不幸のために彼女は中国は武漢の都市へ行くためのチケットを買うことができなかったということですが、もしこの事件が無かったら、彼女は抜け出すのがとても難しい場所に今でも閉じ込められていたことでしょう。

3

彼女が家に帰ったところ、ボロボロになったパスポートの横で、罰が悪そうな顔をした「キミ」という犬がいることを発見した。

4

今年1月、彼女は親と一緒に中国の武漢市への旅行を計画し、チケットを購入しようとしていたため、これは非常に不幸な出来事で、ストレスが溜まりながらも彼女は犬の写真を公開し、人々に同情を求めましたが、なぜか「おめでとう」のコメントが現れ始めました。

それは、これまで知られていなかったコロナウイルス型に関するニュースがマスコミから報道され始めたばかりで、パスポートを失った彼女の幸運を理解した人が出始めたばかりだったからでした。

それを理解した飼い主は翌日から、再びキミの投稿を公開しました。

5

キミのした行動は偶然なのかは分からないし、本当にいい子だと判断するのは難しいかもしれません。

しかし犬のした行動は、飼い主の命を救ったのは明らかです。

6