no title

インドネシアでひどい事故が発生しました。

魚が水から飛び出し、釣りをしていた若い男性の首に刺さりました。

1

この事故が起きたとき、16歳のムハンマド・イドゥルは両親と一緒にスラウェシ南東沖で釣りをしていました。

これを予測することは不可能です。

魚の針が水から飛び出したと同時に首に刺さったからです!

ムハンマドは治療のために緊急入院し、2日後に首から異物を取り除く手術が行われ、その手術は簡単ではありませんでしたが、無事に成功しました。

写真から察するにムハンマドは死に近かったと思います。

彼の命を救う手術は2時間続き、2人の麻酔医と3人の外科医によって行われました。

2

現在、彼は比較的安定した状態にあり、医師は完全に回復することを望んでいます。

インターネット上で写真が飛び交い、多くの人が見たものを最悪の悪夢だと思いました。

3

ダツ科の魚は、深い傷を引き起こす可能性のある多くの鋭い歯を持つ長くて細い顎を持っており、これらの魚は熟練したジャンパーでもあり、最大60 km / hの速度で水から飛び出すことができます。

人間への針刺し攻撃は死に至ることがあり、大部分は負傷で終わります。

死の例として最初は1977年に発生したもので、ハワイの10歳の少年が夜、父親と釣りをしていた時にダツ科の魚に襲われ目から脳にまで刺さり死亡しました。

2番目のケースは、2018年12月にタイ海軍の士官候補生が、刺さり死亡しました。

4


えっ、刺さったまま2日もこのままだったの?って思ってしまった。

痛いのは当然だが、生臭いのも堪らなかったろうなw

笑ってる場合じゃなく、動脈とか重要な所がやられてなくて本当によかった。