1

珍しい救急車がウラジオストクに配備され、それは「日本製ハマー」、つまりトヨタメガクルーザーSUVでした。

ユニークな車は、独自の名前「Detra-SMP」を付けられ、その任務は鉱山で働くことで、事故現場(鉱山または鉱山の坑道内)に医師チームを運び、影響を受けた鉱山労働者を事故現場から避難させることです。

2

3

看護師は、窓に保護グリルの付いた、特別製なキャビンに積まれた医療機器によって、蘇生を含む事故の犠牲者に必要な措置が可能になります。

4

鉱山会社は車を独自に開発し、車内に独自の特別な機器を装備しました。

5

これまで、ロシアにはそのような民間救急車はありませんでした。

6

しかしロシア連邦は軍隊のために、SUV KAMAZ Typhoon 4x4の装甲救急車を作ります。

7

トヨタメガクルーザーは、1995〜2002年にトヨタ自動車が製造したフルサイズのヘビー級SUVです。

8

略称HMV(High Mobility Vehicle)は軍隊の車両を指し、最初はテントの屋根と2ドアの車体を備えていて、メガクルーザーのレイアウトはアメリカのHUMVEE(ハマー)に近く、完全に独立したサスペンションを備えています。

9

メガクルーザーのユニークな機能は、完全に制御された足回りで、前輪と後輪が反対方向に向く4WS(4輪操舵システム)により操縦性や走破性が向上します。

10

メガクルーザーHMVの長さ、幅、高さは、それぞれ4910、2150、2240 mmで、車両重量-2640 kgです。

この車は4.1リットルのターボディーゼル(170 hp)で駆動され、自動変速機と四輪駆動システムが統合されています。

11

12

13

14

15

16

17


これほど頼もしい救急車はないなw

地元でメガクルーザーに乗ってる人がいるけど、初めて走ってるとこを見た時は、平べったいシャコタンのダンプかと思ったほどデカく見えたなw