1

何か良いことをしたとき、あなたの努力を認めてほしいですよね。

ロシアはチェリャビンスク州の工業都市ミアスの市長であるグリゴリー・トンキフも、自分のした仕事を認めてほしく、それについて話すことにしInstagramで写真を公開しました。

Northern Furnaces村の学校の生徒の使うトイレを改善修理するように、市長は部下に命じました。

「私は住民とのミーティングが行われる学校に行き、そこでの視察中、92人の子どもたちが勉強している学校のトイレの状態が酷いことに注意を向けました。 私は教育部門のアンナオブシアニコワ長官に対策を講じるように命じました。」

「学校の副校長であるナタリア・ボブロワは、その支援に感謝し、子どもたちはその変化に驚いて喜んでいることでしょう」とトンキフはInstagramに書いた。

2

しかしそのような成果を見たネットユーザーたちは怒りました。

「21世紀に、普通のトイレを自慢するの?」とコメントの他、彼らはまた、「子供たちが使用するトイレ用の仕切り板やドアが無い」とたくさんのコメントがされました。


とのことで、ぽっとん便所から綺麗な水洗トイレになったけど、何でこれで褒められると思ったのだろう?w