1

若い女子陸上選手は、ほぼ裸足で走ったにもかかわらず、短距離走競技の400、500、800 mで3つの金メダルを獲得しました。

2

最も絶望的な状況であっても、そこから抜け出すだけでなく、勝者になる方法を見つける人がいます。

これは、フィリピンのイロイロ州に住むRey Bullosという女の子で、短距離走の競技に出場し400、500、800メートルの3つの種目で優勝しました。

しかし彼女の勝利は、彼女が普通のランニングシューズさえ持っていないという時点で驚くべきことでしたが、さらに彼女は自分でシューズを作っていたということでした!

3

少女は地元のスポーツ学校の陸上競技会に参加しましたが、プロ用の道具どころか、普通のスニーカーさえ持っていませんでした。

そのためレイは自分でシューズを作るほかありませんでした。

彼女が材料としたのはテーピング用のテープでした。

4

地元の新聞は、彼女はすべての指を別々にするようにテープを巻き付けて、自家製のシューズを作ったと報告しています。

そしてシューズを完成させるために、レイはNike社の名前とロゴマークを靴に追加しました。

そんなシューズにも関わらず、レイは誰よりも早くフィニッシュラインを通過しました!

5

レイのケースは、良いアスリートは裸足で走っても速いってことを証明しました。

この物語を聞いた後、スポーツ用品メーカーが彼女に注目し、彼女が手作りでないシューズを履けるようになることを願っています!