1

古い車は何年もの間、放棄された建物の中で動かずにいたりして、多くの場合、さまざまな納屋で発見されたりする話を聞いたことがあると思います。

しかし今日、30台もの古いジャガーが温室で見つかるという驚くべきニュースが飛び込んできました!

2

英国のBeaulieuという村の古い温室で、カバーを車から取り外したところ、それらのほとんどがジャガーEタイプであることが判明しました!

3

「30台を超えるクラシックジャガーのほとんどがEタイプで、それらは長い間そこにいたように見えました」と、地元企業のボーリューガレージ(Beaulieu Garage)のオーナーはこの発見について語りました。

4

「売ってくれるよう温室の持ち主に申し出をしたのですが、最初はこれら錆た金属をどう処理するかを決めかねてるようでした。」

5

残念ながら、温室は車を風雨から保護できましたが、内部は非常に湿気が多い場合があります。

そのような不完全な悪環境で、車が約30年間眠っていたと想像してください。

博物館にそのまま展示するわけにいかないことを理解できるでしょう。

6

しかしボーリューガレージはこれらの車の販売を手配しているため、個人で購入することもできます。

7

彼らによると、いくつかの車は最小限のメンテナンスで始動できる一方、他の車は多くの努力を必要とする状態です。

8


確かに納屋の中で藁をどけたらってパターンはよくあるけど、温室からってのは珍しいかもw

ブルーシートはそれほど古く見えないから、先代がコツコツと集めてたものを今の代の人がどうしたものかと考えあぐねてた感じなのかな?