1

この古い車の墓地には、キルケという名前が付けられました。

物語は、スウェーデン南部のリュド村に住んでいたオーク・ダニエルソンから始まりました。

2

1935年、彼は森林泥炭の区画を購入し、そこで肥料と天然燃料を集め始めました。

3

しかし戦後に自動車ブームが始まり、人々は新しい車を買い始め、古い車は森に投げ込まれました。

4

そこでオークは廃車を収集し、そこから部品を外しスペアパーツを販売し始めました。

5

残された車体はその場に残り、今、これらすべての車は誰にとっても価値がありません。

6

そして、この墓地は非常に印象的な場所になりました。

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20