8

ローマに住むペルニラ・ベトリスは、いつも長い髪で顔を覆っていました。

子供の頃から、彼女は自分のユニークな特徴のために苦しんできました。

彼女は外観にまれな特徴があり、左目の瞳孔が歪んだ形状で、中心ではなく虹彩の下側にあります。

だから彼女は22歳になる今まで人々を避け、実際に誰ともコミュニケーションをとろうとせず暮らしてきました。

しかし彼女は決意し、Instagramにその目の写真を投稿したところ、嘲笑の代わりに、人々は賛辞のコメントを書き始めました。

6

ペルニラは長年落ち込み続けてきたが、一度苦しむのを止めて自分を愛する必要があることに気づいたと言います。

おそらく彼女のその決断は成功するでしょう。

それでは、ペルニラの目を見てみましょう。

7

実生活で、ペルニラは同じような目を持つ人に会うことはなかったので、彼女は自分の状態についてもっと知るためにネットワークのサービスに頼ることに決めました。

「これは非常にまれな病気で、インターネットで何かを探しても、検索では結果が得られませんでした。いくつかの医療ウェブサイトで数行書かれてあるだけでした」とペルニラは語りました。


とのことで、最初はCGによるイタズラかと思ったが本当のようだ。

彼女は景色がどのように見えてるのだろう?

最初はドキッとするだろうけど、日常生活に支障がないのなら周りの人も慣れてしまうだろうけど、やっぱり本人は気にしてしまうか(;´・ω・)

応援してくれる人がたくさんいるようだし、これを機に人生を楽しんでもらいたいですね。