8

11月16日にロシアのモスクワで起こった事故で、64歳の祖母は孫とバスを降りてその前を歩き始めたところバスが走りだし、祖母はバスに轢かれました。

病院に運ばれた祖母は脊椎の骨折を診断され、翌日、亡くなったことが判明しました。

運転手はトランスミッションをニュートラルにしたがサイドブレーキをかけるのを忘れてしまい、事故につながりました。



運転手から見えてる場所だし、なんでそっちにと思ったら、サイドブレーキの掛け忘れで進んでしまっていたのか。

運が悪いってのもあるが、バスの前を歩いたらいかんね。