no title

アメリカはミズーリ州ジャクソンにある動物保護団体であるMac the Pitbullによって、寒さの中を年長の犬と一緒に彷徨っていた、珍しい異常のあるかわいい子犬を見つけました。

1

子犬はユニコーンを連想させる特徴を持っていたので、無視することは不可能でした。

2

子犬の額に角ではなく小さな尾が生えていました。

したがって、動物保護者はそれをナルワール(イッカク:Narwhal)と名前をつけて呼びました。

3

獣医はこの異常な尾?を診察し、「余分な尾」はナルワールの神経や内臓とどこにも繋がっておらず、健康を脅かすものではないと述べた。

4

したがって、手術の理由もありませんでした。

5

動物保護者がFacebookのページにナルワールの写真を投稿して以来、そんな犬を見たことが無いユーザーらは「子犬の額の尻尾は揺れますか?」という質問で溢れかえっていました。

6

子犬を診察した獣医のヒーリング医師は「まるで神が間違って犬を組み立てたかのようでした。」と冗談交じりに語った。

画像をクリックすると別タブが開き動画が開始します
7


骨も無いし神経も通っていない、尻尾の形をした脂肪?のようで動きもしないようだが、それ以外は元気でただただかわいい子犬だねw