8

タイの食料品店の外にいた女性に、22,000ボルトの電気が通った電線が落ちた後、女性は奇跡的に生き残ることができました。

38才のMalinee Weerasuchartが歩道に立っていたら、頭上の電線が切れて落ちてきて彼女の肩に当たり、銅線が露出した端が右脚に落ち鋭い閃光が起こり彼女は感電しました。



今週、彼女が足の重度の火傷から回復するために2か月を費やした後、夫は事故の詳細を明らかにしました。

「私の妻は非常に強力な電気ショックで感電し酷く火傷したが、生きていることは非常に幸運です。」と語った。

彼女はリハビリを2か月受けており、家族は医療費に974,315バーツ(約350万円)を費やしたと言い、彼らは、電線を担当しているタイ政府の地方電力局(PEA)が保証を支払っていないと主張した。

PEAは事故後に訪ねてきて、医療費の支払いを約束したが、2か月が過ぎたにもかかわらずまだ保証を受けていないと述べた。

PEAの責任者は、「家族が1200万バーツ(約4300万円)を要求して以来、すぐにそんなに多くのお金を払うことができないので家族と医療費について交渉中です」と語った。