1

ミハエル・シューマッハの娘であるジーナ・シューマッハ22歳は、イタリア共和国ヴェネト州西部のヴェローナでの馬術競技に参加し、父親のミハエルシューマッハにその演技を捧げました。

父親に敬意を表して、馬はF1のフェラーリのチーム色で演技し、ジーナ自身も本物のヘルメットとレーシングスーツを着ていました。

2

3

ジーナ=マリア・シューマッハは昔から長いこと乗馬が好きでした。

彼女によると、この趣味は父親に起こった悲劇を乗り切るのに彼女を励まし大いに助けてくれました。

4

この乗馬の趣味は「車と違い、生きた相手の世話をしなきゃいけないと、人に特別な責任と義務を課してくれる」とかつて彼女に説明してくれたのは他ならぬ父親でした。

5

2013年12月、ミハエル・シューマッハはアルプスでのスキー中に重度の頭部外傷を負い、数ヶ月の治療の後、病院から退院し、2014年9月に家族のいる家に運ばれることになり、親族はシューマッハの回復を支援するために自宅全体を病院のように作り直しました。

しかし、彼はまだ怪我から回復していません。

でも、息子である20歳のミック・シューマッハは父親の足跡をたどり、自動車レースでキャリアを積んでいます。

そして娘のジーナと、50歳になる妻コリーヌは、乗馬が好きです。

6

結婚から10周年の時に、ミハエル・シューマッハは妻のコリーヌにスイスのジヴランにある牧場をプレゼントしました。

現在、コリーヌとジーナはそこで馬を飼育し、馬術競技を行っており、「このことについて夫に感謝することを決して忘れません」とコリーナは言います。

7

「私は30歳のときに自分の馬を持つことを夢見ていて、これを知った夫はドバイに連れて行ってくれ、アラビアの種馬を選び、そこで西洋スタイルの訓練を受けたタイソンに恋をしました」

8

コリーヌは馬に心を奪われ、2010年に、彼女はヨーロッパウエスタンチャンピオンの称号を受けました。

現在、スイスとテキサスに40頭以上の馬がいる2つの牧場があり、「牧場でのビジネスを支援してくれるチームを誇りに思っています。」
「そして、ジーナが馬にどれだけ情熱を傾けているか、そして彼女がどれだけ上達したかを見ることができて嬉しいです。」と語った。

9

ジーナ=マリア・シューマッハは馬術競技で幾度も成功を収めました。

彼女の成績には、2017年にスイスで開催されたFEI世界選手権での勝利、2018年に行われた世界選手権での金メダルがあります。

10

コリーナによると、かつてミハエル・シューマッハは馬術スポーツでの娘の成功を予測していました。

「ジーナが私よりもいい成績を残していくだろうと彼が言ったとき、私は驚きました。」

「なぜそう思うの?」と私は尋ねたところ、彼は、「ジーナは馬術スポーツに全力を尽くす覚悟ができていて、正しい道を見つけて、それに従うための心の準備もできているから。」と答えたと付け加えました。



フェラーリ色の馬はアリだなw

ちゃんとリアウィングもあるし、ピットでのタイヤ交換まで演出してるしw

以前、ミハエル・シューマッハの指が動き、意識が戻ったようだと記事にしたが、もし娘の活躍するこれを見れるほど回復していたら嬉しいだろうね。