1

中国に住む21歳の男性は、今まで片方の足に4本の余分な指がある9本指で暮らしてきましたが、その余分な指を取り除く手術を受けることにしました。

2

中国は広東省の陸豊市に住む21歳のアジュンという男性は、足の問題を恥ずかしく思っていたので、女性をデートに誘うことさえできなく、寂しい子供時代を過ごしました。

3

彼は自分のことをずっと「役に立たない不完全な人間」だと感じてきたと報告されています。

彼は20年にわたって負担をかけてきた足の4本の余分な指を取り除くことを決め、その手術をした医師は彼に新しい命を与えました。

「私はずっと不完全な人間だと思ってきたので、ガールフレンドはいませんでした。 私は一緒にいたいと思える人を見つけることができるとは思っていませんでした」と彼は言いました。

4

かつて占い師がアジュンの余分な指は良い兆候だと両親に言ったので、彼の迷信的な両親はアジュンの指を取り除くことを望みませんでした。

信心深い宗教的な両親はそれが「天からの贈り物」だと信じていたので、アジュンは多くの苦しみのある生活を続けなければなりませんでした。

5

「両親は迷信的だったので、私の足に対処したくありませんでした。 本当に酷く見えるようなら靴で覆って隠してしまえばいいと彼らは考えていました」と彼は言います。

しかし成長したアジュンは、それを取り除く時がきたと判断し、医療援助を求めました。

術前のX線写真により、医師は変形の重症度を示しました。

6

より小さな指は、通常のサイズの指の間にあり共に成長したが、しかし彼には親指がありませんでした。

「治療を受けないできた21歳の患者を診て、このような重度の変形に遭遇したことは非常に稀なことです」と市立病院のDr. 呉翔は述べた。

7

医師のチームは、アジュンの足の手術に9時間を費やし、アジュンの余分な指を取り除き、新しい親指を作成しました。

「他の病院では余分な足の指を取り除くだけでしょう。 それが最も簡単な解決策ですが、最良ではありません。」

「彼の本当のつま先は外側にあるので、私たちはそれを最も理想的な位置の内側に移動し、余分な指と置き換えて新しい足指を作成することにしました。」と呉医師は語った。

8

手術後は順調に回復しており、数週間ほどで退院するアジュンは次のように述べています

「呉翔先生にとても感謝しています。 私の足は美しく生まれ変わったと思います。 先生が手術後に私の足の写真を見せてくれた時、とても嬉しかったです」と語った。

「奇形で生まれた子供は、生後3ヶ月で検査され、その後に手術されることが多く、手術は1歳で実施できますが、遅くとも6歳までに行われ、学校に通いだす前に治されます」

「それは子供の心理的健康のためだけでなく、早期の手術で結果も向上します。」と医師は付け加えました。

画像をクリックすると別タブが開き動画が開始します
9