1

1960年8月19日に、生物を乗せた宇宙船が宇宙から帰還したことにより、最初の軌道飛行が成功しました。

ベルカ(Белка)とストレルカ(Стрелка)という名前の2匹の犬を乗せた、ソビエトのスプートニク-5号機は低軌道に乗り、25時間後に地球に戻りました。

2

59年前の11:44に、バイコヌールコスモドローム発射基地から、スプートニクシリーズの5番目の宇宙船が打ち上げられました。

船の乗組員は2匹の犬のベルカとストレルカの他に1匹のウサギと、42匹のドブネズミと、2匹の実験用ラットと、ハエその他沢山の植物や菌類とともに出発しました。

宇宙船には、動物の体のすべての変化を記録する生物医学機器とビデオカメラが装備されており、宇宙飛行士の歴史の中で、初めて専門家は機内で起こっていることをテレビで監視しました。

3

宇宙に向かう前に、4本足の宇宙飛行士は厳しい選択と真剣な訓練を受けました。

専門家は12匹の候補者を検討しました。

主な基準は体重6 kg以下、身長-最大35 cm、年齢-2〜6歳、明るい色(これにより、モニターで犬をよりよく見ることができます)と重要な基準は動物の外観でした。

犬が動き回るのを見て、メディアから魅力的に見えるはずでした。

数ヶ月間、犬はゼリーのような食べ物を食べ、特別なセンサーの付いた服を着ることを教えられました。

最も困難な訓練の1つは、限られたスペースで動物を固定し訓練することでした。

この目的のために、犬はコンテナのサイズの金属製の箱に入れられ、準備の最終段階は、振動台と遠心分離機でのテストでした。

軌道飛行のために、科学者は訓練のすべての段階を首尾よく完了した2匹の犬のベルカとストレルカを選択しました。

4

打ち上げに成功した後、スプートニク-5は軌道に入り、25時間で地球を17周しましたがストレルカの健康状態は正常でしたが、4周目以降のベルカは少し心配になり始めました。

翌日、1960年8月20日、動物たちを乗せた装置が所定のエリアに着陸しました。

ベルカとストレルカは安全で健康なまま戻ることができ、実験用ラットも無事でしたが、28匹のネズミは宇宙旅行に耐えられませんでした。

これは、世界史上初めての動物の軌道宇宙飛行の成功でした。

4本足の宇宙飛行士がソビエト宇宙計画の開発に貢献したことは、過大評価ではなく、収集されたデータは、科学者が宇宙への最初の有人飛行を準備するのに役立ちました。

軌道から戻ったベルカとストレルカは、世界の注目を集め、8月21日にTASSで記者会見が開催され、4脚の宇宙飛行士も参加しました。

後に、ベルカとストレルカについての本が書かれ、ドキュメンタリーとアニメーション映画が製作され、その画像とともにスタンプも発行されました。

宇宙旅行の数か月後、ストレルカは健康な子犬6匹を産み、そのうち1匹はCPSU中央委員会のニキータ・フルシチョフ初代秘書が育てることになりました。

ベルカとストレルカの飛行後の運命は非常に安定した生活を送り、彼らは高年齢まで、航空宇宙医学研究所および試験研究所に住んでいました。

ベルカとストレルカは、軌道に乗って地球に戻った最初の動物ですが、宇宙に送られた最初の生物ではありません。

5

これらの猿は人間と生物学的に類似しているため、米国は宇宙実験に猿を使用しました。

しかし、霊長類の体の可動性を制限するために、アメリカ人はそれらを麻酔し、研究の価値を減らしました。

ソビエト連邦の彼らは犬の助けを借りて宇宙を研究することを好みました。

犬は訓練するのがより簡単であり、固定された位置に冷静に耐えました。

ベルカとストレルカには前任者がおり、デジク(Дезик)とツィガン(Цыган)は1951年7月22日に初めて大気圏外に出ました。

打ち上げの20分後、犬を乗せたロケットの先端は高度100kmに達した後、パラシュートが開き無傷で着陸に成功しました。

しかし、それは準軌道飛行でした。

6

1957年に初めて、ライカ犬が地球の軌道に乗りましたが、しかし、ライカの飛行は生還を意味するものではなく、当時は技術的に未熟で不可能でした。

ライカを乗せた装置は、地球の周りを4周してる間にライカは過熱により死亡し、さらに毎分2320回転しながら軌道を離れて大気中で燃え尽きました。

そして宇宙への最初の有人飛行の後でも、動物を使った研究は止まりませんでした。

無重力状態での長期滞在の影響を研究するために、科学者たちは1966年に宇宙飛行船VeterokとUgolyokを23日間ロケットに打ち上げ、それは動物の最長飛行実験で、犬は疲れ果てていましたが、生きて地球に戻りました。

猫、げっ歯類、陸亀、ミツバチ、その他たくさんの動物も宇宙研究の歴史に名を残しました。

宇宙飛行士ソロヴィヨフは、生物との宇宙での経験について話した。

「1990年に私はカタツムリ、両生類のイモリなどの飼育を担当していましたが、印象的なのは何よりも日本のウズラのヒナで世界に衝撃を与えました。 人類史上初めて、宇宙で生き物が生まれました! 宇宙でウズラの雛が卵殻に穴を開けました。 それから科学者は無重力での胚の発生を調査しました」と宇宙飛行士は言いました。

専門家によると、将来、人が他の惑星に旅行する場合、タンパク質の自律的な供給源が必要になりますが、その研究の第一歩は日本のウズラかもしれません。

動物たちは宇宙を耕し続けます。

2013年、45匹のマウス、15匹のトカゲ、8匹のスナネズミ、20匹のカタツムリなど、動物が完全に分離されたロシアの生物衛星「Bion-M1」が月に1回ペースで飛行しました。

この研究の結果は、放射線の影響、身体への長期にわたる無重力の研究、および宇宙飛行士の視覚障害の考えられる原因の発見に役立ちました。

7

そして、それはすべてこれらの2匹の犬から始まりました。

8

9


上に記述した以外にもたくさんの犬が宇宙に送られ、ほとんどの犬は生きて地球に戻り、死んでしまった数匹もほとんどは技術的なミスが原因だったそうだ。

詳しい情報:ソ連の宇宙犬

ライカ犬の話は涙なしには語れないが、宇宙で初めて生まれたのが日本のウズラだったのを初めて知り驚いた。