1

フェアチャイルド・リパブリック社の開発した、最後のA-10サンダーボルト II 通称ウォートホッグ(イボイノシシ)が構築されました。

2

新しい翼が、ユタ州のヒル空軍基地で組み立てられました。

3

A-10のこの最後の機体は、最大10,000飛行時間、または推定20年間運用されると予想されます。

4

この機体の生産を成功裏に終わらせることは、企業チーム全体にとって大きな成果でした。

5

A-10のデザインは、過去40年間基本的に同じままでしたが、新しい主翼には、取り外しが簡単なアップグレードされたハーネス設計が採用されており、メンテナンスにかかる時間と費用が削減されます。

6

7

8

9

「最後の生産機を実現するために必要なすべての部品が揃っていることを確認するには、非常に大変なチームの努力が必要でした。

10

11

22

有名なアベンジャーのインストール。

13

GAU-8「アベンジャー(復讐者)」はGE製の30mmガトリングスタイルのオートキャノンです。

14

GAU-8は毎秒70発の30mm砲弾を発射します。

15

A-10テストパイロットを務めるのは、第514飛行隊の中佐ライアン・リチャードソンがします。

16

A-10 Thunderbolt IIのテール番号は、ユタ州ヒル空軍基地の80-0252です。

17

これらの最近リリースされた写真は、ライアン・リチャードソン中佐の最初の飛行チェックの写真です。

18

「すばらしい飛行をしてくれて、すべてのFCFチェックに合格しました」とライアン・リチャードソン中佐は語りました。

19

20

21

2019年7月31日、ユタ州ヒル空軍基地で最後のA-10サンダーボルトIIの前で航空機メンテナンス中隊 が記念撮影をしました。

23

24

25


この妙に不格好な飛行機が、なぜか格好よく見えて好きなんだけど、これで生産中止になるのかと思うと残念でならない。

使い道が有ろうと無かろうと、ぜひ日本にも欲しいと個人的に思ってたのだがw

この最後の機体が空を飛ばなくなるまで後20年ほどあるようだが、飛んでいるところを生で一度見てみたいものだ。



タミヤ 1/48 傑作機シリーズ No.28 アメリカ空軍 フェアチャイルド リパブリック A-10A サンダーボルトII プラモデル 61028