6

ロシア国防相のセルゲイ・ショイグ防衛委員長が乗った飛行機がバルト海の中立海域で飛行していたところ、NATOの F-18戦闘機が危険なほど接近した。

このような行動はセキュリティに対する脅威と見なされており、ショイグ防衛委員長の乗った飛行機に2機のバルト海艦隊のSu-27戦闘機が同行し護衛していて、その内の1機がNATOの戦闘機を強引に追い払いました。

公式発表によると、ショイグ防衛委員長の乗った飛行機はカリーニングラードからモスクワに向かって飛んでいたところでした。

画像をクリックすると別タブが開き動画が開始します
6


NATOから監視されてるってことなのかな?w

まあ確かに危ないくらい接近されてるけど、それを押し退け追い払うSu-27がカッケーな!

はい、個人的にSu-27が大好物なだけの記事ですw