4

台湾で見つかったカタツムリには、寄生虫であるロイコクロリディウム(学名:Leucochloridium)が寄生しており、カタツムリの運動機能を乗っ取りわざと目に付く場所に出てきて、目の柄を際立たせることで毛虫に似せて、鳥に食べられるようにします。

その後、寄生虫は鳥の消化管内で繁殖し、最終的に糞便を介して感染を繰り返します。



キメェ~ってばΣ(゚Д゚)

夢に出てきそうなくらい怖い寄生虫だな。

自然界の掟の一部なんだろうけど、これは嫌すぎる。



寄生獣 新装版 コミック 全10巻完結セット (KCデラックス アフタヌーン)