1

53歳のパリジャンであるセービン・ベルネール(Sabin Bernert)は子供向けの本のための材料を集めに、ケニアのマサイマラ動物保護区の荒野を撮影し記録していたとき、獣の王の予想外の側面を捕らえました。

雄ライオンは父親としての優しさを見せ、子ライオンとの抱擁という感動のシーンがそのレンズに写りました。

2

53歳のパリジャンは、アニメ映画「ライオンキング」のワンシーンを思わせる魅力的な瞬間を目撃しました。

3

若いライオンは草に隠れながら親ライオンに飛びつき、キングはそれを受け入れます。

4

親ライオンは最後の1秒まで子供の存在に気づかないフリをしたりして、彼らは幸せに遊びました。

5

子供とふざけて奮闘した後、それから子供を優しく前足で抱き寄せました。

6

セービンは「巨大なライオンが子供と一緒に遊んでいたことに驚きました」と語り、「朝日の柔らかい光の中で祝福の瞬間でした 」と付け加えました。

7

それはもうディズニーアニメ「ライオンキング 」のムスタファとシンバの有名なシーンそのものでした。

8


ライオンの父親が子供と遊んでるイメージはあまり無いので、これはちょっと感動的なシーンだな。

アニメとダブってウルウルきてしまう。


おまけ

この猫は自分自身を本物のライオンでありジャングルの王と思っているようです。

まあ、ちょっとした前向きな気持ちは大事だと思います。

画像をクリックすると別タブが開き動画が開始します
9


もう完全になりきってるようですw



ライオン・キング (吹替版)