8

海洋学者によると、イルカを含む高等哺乳動物は、人間に劣らず、悲しみを感じることができると考えられています。

この事実はフロリダのビーチで撮影され、イルカの母親が子供の死を受け入れることができないでいるビデオが証明しています。

画像をクリックすると別タブが開き動画が開始します
8


母親のイルカが死んだ子供の体を水面に押しやる悲痛なビデオは、フロリダのユーザーがtwitterに上げた映像によって公開されました。

悲しみができるのは人間だけではありません。

別のイルカが絶望的な気持ちでいる母親の周りを泳ぎ、彼​​女を助けようとしている間、母親イルカは子供の遺体を浮上させ起こそうと何度も何度も試み、おそらくイルカは私たちと同じように、身内の死を受け入れられないのでしょう。

子供のイルカの体が水中に沈むと、背中で支えて鼻で水面に押し上げ、再び水中に沈むと、ためらうことなく潜水し同じことをします。

何が子供の死を引き起こしたのかはわかっていませんが、地元のユーザーは最も可能性の高い原因として船との衝突があると考えられていますが、これはこの地域では珍しいことではありません。

「子供のイルカは成体のイルカのように巧妙に行動できないので、それ故に起きた事故だ」と、ユーザーの一人はコメントに書いています。

海洋学者たちは、「海の高等哺乳動物が死亡した相手とこうした行動をするのを何度も繰り返し観察していて、彼らはコミュニケーションをとり、生き返らせようとします」と専門家は語り、この行動は人間がする大きな悲しみの表れとほぼ一致しています。